就業規則上必須で定めておかなければならないこと

PAK86_seisakudb20140517

就業規則は、労働時間や賃金等の基本的な労働条件や職場の服務規律を定め、
それを文書化した、使用者と労働者との間のルールブックに該当する。

常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成し
行政官庁(所轄労働基準監督署長)に届出を行わなければならない。

その中で勤務の時間や休日、賃金の決定や退職に関わること等を必須で定めなければならない。

絶対的必要記載事項

①始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、就業時転換に関する事項。
②賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項。
③退職に関する事項(解雇事由を含む)。

もし仮に、産業医の面談により休職などが必要と判断された労働者が発生した場合、
就業規則に則ってその際の扱い(休業期間や賃金等)が決定される。

このように休職と労使間の取り決めは密接に関わっているため
予めルールを定めておくことがトラブルを避けるポイントになる。

杉井 将紘

杉井 将紘株式会社ドクタートラスト 経営企画部 部長

投稿者プロフィール

健康管理に関する疑問・ご質問お気軽にお問い合わせください。お役に立てるよう、誠心誠意対応させて頂きます。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  4. 9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_m

    受診勧奨ってどうするの?

  5. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. 180427_hashika
  3. kahun
  4. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. kusuri
  7. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
ページ上部へ戻る