仕事と治療の両立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日、糖尿病患者さんの治療と就労についてのデータが発表されました。

糖尿病治療と生活

病院通院頻度
月1回 6割 
月2回 2割

病院通院時間
「平日午前」 51%
「平日午後」 25%
「週末午前」 18%
     
病院病院での滞在時間
「2~3時間」  32%
「1~1.5時間」21%
「2時間以上」  20%

※実際の診療時間
「10~14分」が39%
「15~29分」が30%
「5~9分」が21%

大学病院や中規模病院へ通われている場合、
待ち時間も含め、それなりに時間が必要という現状が伺われます。

病院の空いている平日に通院される方が7割近くなりますので、
「半休」もしくは「遅刻」「早退」が必要な方がほとんどということですね。

ご多忙なお仕事の中、
月に1、2回の通院でもお休みを取りにくい方が多く、
治療中断の大きな要因になっているそうです。

就労をしながら治療を続ける場合は、上司の理解がとても大切です。

通院の頻度が多くなりそうな場合は、
産業医と面談の上、「産業医意見書」というものに
『通院の配慮が必要』というコメントを頂き、
人事や上長に見てもらうことも出来ます。

ご自身で伝えにくい場合や、なかなか理解が得られにくい場合は、是非産業医をご活用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 受診勧奨ってどうするの?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る