月経前症候群(PMS)って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

言葉の通り、月経前に現れるさまざまな症状を総称して「月経前症候群(PMS)」と呼んでいます。
月経に伴う辛さは「生理痛」として体験されている方が多いと思いますが、月経開始前にちょっとした体調の変化が起こることも、女性なら誰でも経験があるものでしょう。

月経前症候群(PMS)の定義と症状

【定義】

月経前症候群(PMS)は、日本産科婦人科学会によると「月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経発来とともに減退ないし消失するもの」とされています。

【症状】

<身体症状>
下腹部痛、腰痛、頭痛、めまい、倦怠感、吐き気、むくみ、便秘、ニキビが増えるなど。
他にも、肩こりや手のしびれなど、他の病気と紛らわしい症状を感じることもあります。

<精神症状>
情緒不安定、抑うつ、集中力の低下、睡眠障害、不安、過食など。

月経前症候群(PMS)の診断基準と治療法

【診断基準】

出現する症状には個人差があり、その程度もさまざまなため、該当する症状やその数だけでは、治療が必要なものかどうかの判断は難しいです。
ただし、以下の3つのポイントに該当するようであれば、月経前症候群として診断されます。

1.「周期的」に症状が現れる
2.排卵後から月経が始まるまで(月経周期の黄体期、基礎体温でいう高温期)に症状が現れる
3.日常生活・仕事に支障が出るくらいに症状が重い

1、2では月経周期との関連を確認し、うつ病等の精神疾患からくるものではないことを確認していきます。
そのため、日頃から基礎体温をつけておくことをおすすめします。

【治療法】

1.排卵抑制療法
低容量ピルなどの経口避妊薬の服用。
ホルモンの乱れから起こる症状を緩和します。
月経前症候群の治療に、一般的に用いられる薬です。
2.対症療法
痛みに対しては鎮痛剤、精神症状には精神安定剤、不眠には眠剤、などのように、その症状一つひとつに対し、薬を選択する方法です。
3.漢方薬
個人の病状に応じて、体質改善を目的として処方されます。

症状を緩和するには

病院にかかるほどではないけど、何とか月経前を穏やかに過ごしたい。
そういった場合の対処法も紹介していきます。

・カフェインを摂りすぎない
⇒カフェインを含んでいないハーブティーがおすすめです。ハーブティーの中には神経緊張をほぐすもの、むくみをとってくれるもの、不眠に効くものなど、効能により種類も豊富にあります。
・糖分・動物性食品を採り過ぎない
・少量の食事を頻回に
⇒月経前は異様に食欲が増進してしまう方は、血糖値ができるだけ一定に保たれるような食事の摂り方をお勧めします。具体的には1回の食事量を減らし、食事回数を4~5回に増やしてみましょう。お芋や玄米、おそば、全粒粉パンなどがオススメです。ただし、食事回数を増やしても全体のカロリーは増やさないように気をつけてください。
・タバコは控えめに
・むくみのひどい時は、締め付けの強い衣服は避ける
・適度な気分転換や運動をする
・十分な睡眠をとる
・眠気、イライラ、倦怠感など情緒不安定な時期は、なるべく大きな予定を入れないようにする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る