夏バテはじまっていませんか?

夏バテ

日本の湿度の高い暑さは、とても不快で体調も崩しがちだ。
夏になると、食欲がわかない、体がだるくなる、という方もチラホラいるのではないだろうか。

夏バテの始まり

人間の体は、暑くなって体温が上がると皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まって汗をだし、体温を下げようとする。
しかし、湿度が高いと汗の蒸発が妨げられ、体温調節が難しく、熱が体内にこもり、疲れやすくなる。

また、食生活の面では、
暑い→だるい→食欲がでない→消化力の低下→食欲不振
という悪循環がおこる。

暑さにより、疲労感や睡眠に状態が影響が生じ、生活のリズムも乱れがちになる。

これからさらに暑くなってくる。
早めに対策を考え、夏バテを予防しよう。

夏バテ予防のポイント

①食事は『量より質』
食欲がなくても1日3食とろう。
胃に負担のかからない消化の良い良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルをバランス良く、少しずつでもとるように心がけよう。
「食べたいものを好きなだけ」というよりは、「栄養バランスの取れたものを少しずつ」が良い。

②香辛料を活用しよう
生姜、わさび、こしょうなどの香辛料、シソ、にょうが、ネギなどの香味野菜を使用すると、食欲が出やすくなる。

③水分、ミネラル、ビタミンの補給
夏の野菜はビタミンが多く含まれている。
暑くなると汗と一緒にビタミンも喪失しやすいため、緑黄色野菜をたくさん食べるようにしよう。

特に夏場はビタミンB1の消耗が激しくなり、不足しがちだ。
不足すると体内に摂取された栄養をエネルギーに変換できにくくなるため、ビタミンB1の摂取を心がけよう。

ビタミンB1を豊富に含む食品:豚肉、うなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ごま等

また、アリシン(にんにく、ニラ、ねぎ、たまねぎ等)を含む食品を一緒に食べるとビタミンB1の吸収が良くなる。

④クエン酸をとりましょう!
クエン酸は疲労の原因となる乳酸を排出する作用があり、疲労回復に効果的だ。
クエン酸の多い食品:レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干等

⑤生活リズムを整えましょう!
対策の中でも、これが最も効果的な改善策だ。
暑い日が続くと、生活リズムも乱れがちになる。
規則正しい生活と適度な運動を心がけ、生活のリズムを保つようにしよう。
また、睡眠は充分にとり、疲れを溜め込まないことが大切だ。

早めの対策で、暑い夏を元気に乗り切ろう。

佐藤 真由美

佐藤 真由美

投稿者プロフィール

企業保健師として勤務した経験を活かし、皆様に情報をお伝えできればと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  2. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  3. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  4. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  5. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. mashin
  3. kusuri
  4. kahun
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 170328
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る