ランニング・散歩とメンタル疾患

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どうしても暑いと外に出るのが億劫になりがちですが、
ウォーキングやランニングで体を動かすことは、体だけではなく、
心の安定にもとても大切な効果があります。

メンタル疾患にランニング?

ニューヨークのプリンストン大学の研究で、
『活発な散歩やジョギングは脳内の神経細胞を活発にさせ、不安・ストレス・抑うつによる気分の低下を防ぐ』
という研究結果が報告されました。

企業でも、メンタル疾患で休職された方が復職する際、
体調が安定してきて、主治医の方の了承も得られれば、
朝晩に積極的に体を動かすことをお勧めします。
(ランニングはハードルが高いので、少し距離のある散歩が多いです。)

どちらかというと、今までは
「復職に向けて体力をつける」という意味合いが強かったように思うのですが、
気持ちの安定にも役立つというのであれば、
更にウォーキング(散歩)の意味合いは重要になりますね

暑い時期、日中の散歩はリスクも高いので、
・朝散歩をしてシャワーを浴びてから会社に向かう
・帰宅後、涼しくなってきてからウォーキングをする
・涼しいスポーツジムなどの屋内施設を利用する

・・・などの方法が良いですね

仕事をするということは、
体力・気力ともにタフであることを要求されます。
たとえデスクワークであっても、
ストレスとの戦いは常に続きます。

ストレスに強い心と体を持つために、
定期的な運動は欠かさず行う習慣をつけらると良いですね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  2. 職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  3. 健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  4. 業務委託契約でも労災は適用される?

  5. 受診勧奨ってどうするの?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る