熱中症!!

夏

環境の変化に伴い、最近「熱中症」のニュースが取り上げられることが多い。

熱中症は、夏の強い日差しのもとで激しい運動や作業をするときはもちろん、体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こる。
症状が深刻な場合、生命の危機に関わることもあるが、
正しい知識があれば予防することができる。

熱中症の症状と分類、対応

●Ⅰ度(軽度)
 熱けいれん・熱失神
  症状:筋けいれん、めまい、失神
  体温:正常または軽度上昇
  対処:水分補給、涼しい場所へ移動

●Ⅱ度
 熱疲労(中度)
  症状:脈が速くなる、血圧低下、軽い意識障害、大量の発汗
  体温:平熱以上~41度
  対処:水分補給、足を高くして休む、自分で水分補給できなければ病院へ

●Ⅲ度
 熱射病(重度)
  症状:脈が速くなる、意識障害、全身けいれん、発汗停止
  体温:41度以上
  対処:すぐに救急車を呼ぶ、体を冷やす

注意が必要な場所

高温、多湿、風が弱い、輻射源(熱を発生するもの)がある環境では、特に注意が必要だ。
湿気が多い場所では、汗による蒸散ができず、体内の熱が発散できなくなることが理由である。
下記にいくつか紹介するので、気を付けていただきたい。
・運動場
・体育館
・風呂場
・ビルやマンションの最上階
・工事現場

熱中症になりやすい人

・高齢者
・子ども
・利尿薬を服用されている方
・以前に熱射病をおこしたことがある方
・体調の悪い人
・肥満の方
・睡眠不足
・脱水傾向にある人(下痢など)

上記の方は、高温多湿な環境での長時間の作業は控えよう。

予防法

・真夏の外出時には長時間直射日光が当たらないように帽子や日傘を使用する。
・こまめに水分補給を行う。
・スポーツなどで多量の発汗を伴った場合は塩分もあわせて補給する。
・高温多湿な環境は避け、クーラーや扇風機を活用する。

応急処置

救急搬送の件数が増加しているため、熱中症の方に遭遇する可能性も多い。

救急車が到着するまでの応急処置の方法を覚えておくといざという時に役立つ。

・風通しのよい日陰や、クーラーの効いている室内などに避難させる。
・衣服を脱がせ、体から熱を逃がす。
・皮膚を露出し、水をかけ、うちわや扇風機で扇ぐ。
・アイスノンや氷でひやす。
・冷たい水を与える。
・大量の発汗があった場合には汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適だ。

※呼びかけや刺激に対する反応がおかしい、呼びかけに応えない時には、誤って水分が気道に流れ込む可能性がある。
応答が不明瞭で、意識がはっきりしていない場合は、水分の経口摂取は避けよう。

また、自力で水分の摂取ができないときは緊急で医療機関に搬送することが最優先だ。
身体症状がでている、意識がない、状態が回復しない、などの場合はすぐに救急車を呼ぼう。

下記のサイトにも熱中症の情報がたくさんある。
是非参考にしていただきたい。
環境省「熱中症環境保健マニュアル」

佐藤 真由美

佐藤 真由美

投稿者プロフィール

企業保健師として勤務した経験を活かし、皆様に情報をお伝えできればと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ^74012A7598DCDC887C5D3D020B5C908C223AA77E179840BFE6^pimgpsh_fullsize_distr

    衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  2. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  3. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  4. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  5. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

一目置かれる健康知識

  1. 0119-kahunsyou
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. kahun
  4. kusuri
  5. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る