VDT症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

VDT作業による健康被害と対策について

近年、様々な職場で、事務作業や書類作成の際にパソコン等を使用する機会が増えている。
パソコンの使用は、もはや必須である。

VDT作業とは、この現在必須とされているパソコンの使用など、
ディスプレイ・キーボード等により構成されるVDT(Visual Display Terminals)を使用した作業のことだ。

ほぼすべての事務職場で発生するVDT作業ですが、
長時間行うことで、肩こりや腰痛、眼精疲労などの症状が引き起こされることが知られている。

また、VDT症候作業では身体の健康被害の他にも、
精神的な被害が出ることが確認されている。

これは、長時間同じ姿勢でVDT作業を行うことでストレスがかかる為で、
そのストレスがもとで、うつ病等の精神疾患を引き起こす。

このように、VDT機器を使用した際に発生する各症状をVDT症候群と言い、
非常に大きな問題となっている。

厚生労働省もVDT症候群を大きな問題として捉えており、
あらたな「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」を
平成14年に策定している。

ガイドラインの内容

・1連続作業時間内において、1~2回程度の小休止を設けること
・連続作業と連続作業の間に10~15分の作業休止時間を設けること
・1連続作業時間は1時間を超えないようにすること

しかし、実際に作業時間を減らすということは難しく、
連続作業時間が1時間を越える方がほとんどかと推測される。

作業時間を減らすことが難しい場合には、
次の事に注意をし、少しでも心身に負担を掛けないことが重要だ。

・他の作業を組み込むことや、ローテーションを実施すること
・適切なVDT機器等の選定
・個々の特性に合わせた業務量

VDT作業に従事する労働者が不調を訴えている場合、
VDT健康診断を受診することも視野に入れる必要がある。

この健康診断はガイドラインにより推奨されており、
作業区分に応じて健診項目が異なる。

この診断を受けておくことにより、将来的に心身の不調を来たした際、
VDT作業によるものかどうかの判定に役立つ。

衛生委員会等で、VDT作業に関する議題を取扱うなど、
VDT症候群について社内に周知し、早急に対応策を講じることが必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
長谷川 隼人

長谷川 隼人株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

産業保健分野に関する情報を、
素早く正確にお伝え出来るよう、頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

  2. 「出向社員」に対する安全衛生管理

  3. 脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  4. 業務委託契約の安全配慮義務

  5. 労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る