乗り物酔いを防ごう

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_m

乗り物酔いはどうして起こる?

一定の速度で直進している乗り物では、酔いは起こらないとされている。

酔いは、乗り物の動揺、加速、減速の際に、体に加速度が加わることで、
三半規管が刺激された結果引き起こされる、自律神経の失調状態なのだ。

三半規管とは耳の奥(内耳)にあり、身体のバランスや平衡感覚を保つために重要な働きをしている。
ここから、身体の位置の変化や運動による重力の変化が脳に送られる。
この情報と、目などから入った情報を統合し、脳は身体のバランスを保とうとするのである。

ところが、乗り物の揺れや急発進、急カーブなどの動き・加速が加わると、これらの情報にズレが生じる。
結果、自律神経が興奮し、乗り物酔いの状態となるのだ。

ところで、「乗り物酔いはするけど、自分の運転では酔わない」というお話をよく聞かないだろうか。

乗り物酔いは、上記のように情報統合のズレが原因で起こるが、自分で運転している場合は、
目や耳から入ってくる情報で、身体の位置などが予測でき、統合をとりやすいため酔いにくいといえる。

乗り物酔いの誘発要因

○空腹、満腹
⇒胃のぜん動運動が不規則で、自律神経が不安定な状態。
そこに不快な情報が入ってくると、過剰に反応しやすくなる。
○睡眠不足
○急ブレーキ、急発進
○読書、ゲーム
⇒三半規管でキャッチした情報に対し、眼球が異なる動きをすることで、そのズレが不快と判断され酔いに繋がる。
○におい
⇒嗅覚からの情報はダイレクトに脳に伝わる。
快・不快を脳が記憶しているため、自分にとって不快なにおいがある場所では酔いやすい。

酔わないために

上記でお伝えした要因を取り除くほか、以下のことに気をつけよう。

○十分な睡眠をとる
⇒乗車する前は十分な休息をとっておこう。
○安楽な体勢
⇒窮屈な体勢、服装は避け、車内ではゆったりと楽な姿勢を。
これは、長時間乗車によるエコノミークラス症候群の予防にも繋がる。
○酔い止めの薬はあらかじめ内服
⇒乗車前はもちろん、酔ってしまってから服用しても、効果が得られる。
薬は余分に持っておこう。

運転される方は、同乗者の方に気を配るようにしていただきたい。
それでは体調を万全に、お出掛け・旅行を楽しんでほしい。

林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  2. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  3. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  5. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. kahun
  3. kusuri
  4. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  5. tabajo-675x400
  6. mashin
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る