久しぶりの運動、思わぬケガ(肉離れ)

2047acf6bc06af3d30125672d40be3fd_m

「○○の秋」といくつか言われるが、
今日、取り上げたいのは、スポーツの秋に関することである。

スポーツの秋には、お子様の運動会やスポーツに関するイベントが行われているのをよく耳にする。
同時に、そのイベントの際に、ケガをしてしまったという苦い経験を耳にしたり、
相談を受けることも多いように感じる。

肉離れが多い

サッカー選手が試合中に負傷してしまったり、とスポーツ中に起こることが多いのが特徴である。

●どんなケガか?
伸びたり、縮んだりという筋肉の動作(=筋収縮)を行うことで、筋力が生まれている。
筋肉が伸ばされながら収縮する時、一番大きな筋力が生まれると言う。
筋肉の収縮が、素早く・大きいほど、大きな筋力が生まれる。
このことから、筋肉(を作る繊維)が筋力の大きさに負けてしまう時、
・筋肉の部分断裂
・筋肉の完全断裂
が、起こる。これらを肉離れと言う。

●どういう症状か?
多くの場合は、ふくらはぎの筋肉に起こる。
(他にも太ももにも起こることがある)

筋肉の損傷の程度によりますが、筋肉が切れてしまっている状態でるため、
体重をかけると強い痛みを感じ、歩くことができないほどになることがほとんどである。

●肉離れが起こりやすい人
・基本的に、成人以上の方が多く起こる。
・女性よりも男性に圧倒的に多く起こる。
    ↓
特に児童や小中学生は、筋肉の柔軟性が高く、筋力もまだ弱いことから、成人に比べて少ない。

こういった特徴から、普段、運動習慣がない大人が久しぶりに運動する時、
筋肉が固く柔軟性が低下したところに、急激に筋肉を収縮させるような動作をすることになり、
肉離れを発症してしまうことが多いのである。

筋肉の柔軟性というのは、簡単なストレッチや準備運動をするだけでは100%防ぐことは難しい。
もし、久しぶりに運動会やスポーツイベントなどに参加する予定がある場合は、
少しずつ体を慣らしていくようにすることをお勧めしたい。

もちろん、もともと定期的な運動習慣を持っている場合は、いつも運動前後のストレッチは忘れずにする。

運動習慣を持つということは、単にダイエットのためだけではなく、
ケガの予防ということにもつながるのである。

西岡 まゆみ

西岡 まゆみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

自分も働く労働者の一人として、皆様の立場に立った視点を持つことも忘れずに情報発信していければと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  5. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. AdobeStock_50156371
  3. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  4. tabajo-675x400
  5. 疲れ目のサイン
  6. nyuugann
  7. manindensya
ページ上部へ戻る