カルシウムの上手な取り方

062431

骨作りに欠かせないカルシウム。
皆様はどのように摂取しているだろうか。

骨の形成以外にも、高血圧、動脈硬化の予防、
緊張やイライラの緩和など様々な効果があるといわれている。

今日は、そんなカルシウムを多く含む食品や吸収率をアップさせる上手なとり方を紹介する。

カルシウムを摂取しよう

■牛乳・乳製品!!
牛乳や乳製品は、カルシウムが最も体に吸収されやすい形で含まれており、
牛乳を1日コップ1杯(約200ml)飲むと、1日の推奨量の約1/3をとることができる。
ただし、チーズは塩分とカロリーが高く、生クリームは乳脂肪とカロリーが高いので注意が必要だ。

■大豆製品
大豆製品はたんぱく質食品なので、1日1回とることを勧めたい。
悪玉コレステロール値を下げる効果があるため、
コレステロール値が気になる方は、乳製品よりも大豆製品でカルシウムをとろう。

■緑の葉野菜
カルシウムを多く含むが、吸収率が低いため、
カルシウムの吸収を助けるビタミンDの豊富な食品と一緒に食べるとよい。
レモン果汁やお酢などを調味料に使うのもオススメだ。

■小魚
少量でカルシウムをとることが出来るが、塩分も多いのでとり方には注意が必要だ。
調味料代わりに野菜にあえるなどの工夫をしよう。

■海草・乾物類
カルシウムに加えて、食物繊維や鉄も多く含む。
フードプロセッサーなどで粉末状にして、ふりかけのようにすると便利である。

1つの食材から摂るよりも、
他の栄養素もバランス良く取ることができるよう、
いろいろな食材からカルシウムを摂取することを心がけよう。

山川 加奈子

山川 加奈子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

社員ひとりひとりの気持ちに寄り添うことができる温かい心を持った保健師を目指して日々勉強中です。先生のご指導の下、企業への最善のサポートが出来るよう努力したいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 名称未設定 1

    衛生委員会のメンバー構成とは

  2. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  3. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  4. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  5. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

一目置かれる健康知識

  1. kusuri
  2. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  3. jiritu
  4. 0119-kahunsyou
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. mashin
  7. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
ページ上部へ戻る