入浴について

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_m

みなさまは入浴していますか?

お湯をためるのが面倒だから・・・とシャワー浴だけで済ませていませんか?

たしかに、シャワーでも体の汚れを落とすことは出来ます。
しかし、それだけでは、入浴による健康効果は得られません。。
湯船にゆっくり入る習慣をつけましょう。

湯船につかることによって身体にいいことがいろいろあるのですよ・・・。

入浴で得られる効果

温熱効果
全身が温まることによって、血行が促進されます。
全身の血液循環が良くなり、新陳代謝が活発になります。
また、温まることにより、首、肩、腰などの
筋肉の緊張がほぐれる効果も期待できます。

リラックス効果
ぬるめのお湯につかると、副交感神経が優位に働き、心身をリラックスさせます。

浮力効果
水中では浮力が働くので、関節への負担が軽減されます。
さらに、関節のコラーゲンの結合が温めることにより緩むため、
関節痛の軽減などの効果が期待出来ます。

水圧効果
湯船に入ることにより、身体に水圧がかかり、
心臓の働きを活発にして全身の血液循環を良くします。
血液循環が良くなると、肩こりや腰痛、冷えやむくみなどの解消につながりますね。
加えて、水圧で横隔膜・肺などが圧迫されるため体内の酸素量が減り、
心臓の働きは活発になり、無意識に呼吸数が増えます。
その結果、心肺機能が高まると言われています。

今週もがんばりましょう。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。某企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  4. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  5. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 疲れ目のサイン
  3. 171121
  4. nyuugann
  5. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  6. manindensya
  7. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
ページ上部へ戻る