注射いらず?!新しいインフルエンザ予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週の火曜日に続き、今週もインフルエンザの情報をお伝えしようと思います。

『注射嫌い』の方は、意外と多いものです。

絶対に必要と言われなければ注射したくない!というレベルから、
針を見ると気持ちが悪くなったり、貧血症状を起こす方まで様々ですが、
毎年接種が推奨されるインフルエンザ予防接種も、
「できることなら注射したくない」と思われる方もいらっしゃいますよね。

注射なしのインフル予防

実は、米国では、鼻からスプレーをする『経鼻インフルエンザワクチン』が増えつつあります。

名称は、『フルミスト』。

日本のクリニックでも、医師が個人輸入をして接種をするクリニックが
少しずつ増えてきているようです。

この経鼻インフルエンザワクチンには、いくつかメリットがあり、
・流行が感染株と違っても、防御してくれる効果が高い。
・小児の場合、従来の注射よりも免疫がつきやすい。

とのこと。

今の段階では、10歳未満のお子さんがこの予防接種をあえて選ぶことが多いようですが、
注射が苦手な成人の方にも朗報ですね。

ちなみにこの経鼻インフルエンザワクチンですが、
・50%に鼻炎様症状、10%に発熱や咽頭痛(喉の痛み)の副作用がある。
・2歳以下や50歳以上の患者さんには接種できない。
・・・ということが添付文書に記載されているそうです。

もちろん、まだ日本で未承認のワクチンですので、
万が一重い副作用があったとしても、国が救済してくれるわけではなく、
製薬メーカー独自の救済制度を利用することになりますので、注意が必要です!!

日本でも開発が始まっているという経鼻インフルエンザワクチン。

毎年、病院で「鼻にシュッ!!」だけならば、
今よりも、ワクチンを受ける方が増えそうですね。

ちなみに、経鼻インフルエンザワクチンをしている病院のリストというのは
まだ見当たらず、インターネットや口コミで情報を得るしか方法がなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. 「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  3. 産業医を変更したときの届出

  4. 労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  5. 休養室にも設置義務があります!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る