クリスマスケーキの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
062416

クリスマスクリスマスツリーまで2週間を切りました!
今年のクリスマスサンタさんは、どんな予定ですか?

クリスマスと言えば、クリスマスケーキケーキですよね。
すでに、クリスマスケーキを予約済みの方もいらっしゃると思いますが、
まだこれからと言う方に、プチ情報をお届けしようと思います。

ケーキのカロリー

この時期、ケーキ屋さんのショーケースの中には
美味しそうなケーキがいっぱいで、どれにしようか迷いますよね?

皆さんは、以下の4種類のケーキのうちどれを選びますか?

①ショートケーキ
②モンブラン
③チョコレートケーキ
④ベイクドチーズケーキ

これらのケーキは、もちろんそれぞれカロリーが違います。
店によっては、表示をしてくれている場合もあり、
参考にしている方もいるかもしれません。

でも、せっかくケーキを食べるなら、
カロリーで選ぶのではなく食べたいものを選びたくないですか?

少なくても私はそうです!なので
「一番カロリーの少ないショートケーキを選びましょう」なんて言いません。

食べたいものを食べるために、サイズを調節してみませんか?

では、サイズを調整するために、各ケーキのカロリーの発表です。

①ショートケーキ 1個95g  251kcal
②モンブラン   1個105g  345kcal
③チョコレートケーキ 1個78g 307kcal
④ベイクドチーズケーキ 1個105g 405kcal
(*不二家のカットケーキのカロリーで比較しています)

ショートケーキの250kcalを基準に考えると、
②のモンブランは約75g
③のチョコレートケーキは約64g
④のベイクドチーズケーキは約65g
となります。

ケーキの重さは使っている食材によって変わりますので、
1個が同じ大きさを目安とすると、ショートケーキと比べて、
モンブランなら8割、チョコレートケーキと
ベイクドチーズケーキなら7割ぐらいの大きさのものにしましょう。

少し分かり難い表現だったかも知れませんが簡単に言うと、
家族5~6人でホールケーキを食べる場合には、
一般的には5号サイズ(直径15cm)が目安らしいですが、
チョコレートケーキやベイクドチーズケーキの場合には、
1サイズ下げて4号サイズ(直径12cm)を購入する、
というのはいかがでしょうか?

これからクリスマスケーキを購入する方は、参考にしてみてください。
保健師からのアドバイス
カロリー制限は、カロリーが高いものを食べないことだけではありません。
食べたいものを食べずに、ストレスを感じていては、ダイエットは続きません。
ちょっと工夫をして、食べたいものを食べる、満足感を味わうことも忘れずに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
大久保 優子

大久保 優子株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

みんなが元気に働ける社会が目標です!
産業保健の魅力と大切さを伝える情報を、発信出来るように頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. youko

    健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  5. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

一目置かれる健康知識

  1. kusuri
  2. 1215-suiminbusoku1221
  3. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  4. jiritu
  5. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  6. 170328
  7. 180427_hashika
ページ上部へ戻る