衛生委員会の決定事項などの周知と議事録保管

o0480036012338198291

Q:衛生委員会は毎月一回以上開催していれば問題ないですよね?

A:開催するだけでは足りません。衛生委員会で話し合った内容について
(1) 従業員に周知し、
(2) 議事録を作成、保管しなければいけません。

《周知の方法》
労働安全衛生規則第二十三条3
①いつでも見られる場所に掲示する。(掲示板や社内SNS等)
②書面にして配布する。
③CD-ROMなどの電子媒体に記録し、いつでもみれるようにする。

《議事録》
労働安全衛生規則第二十三条4
① 議事で重要なものに係る記録を作成して、
② これを「三年間保存」しなければならない。

労基署の検査では、必ず議事録(3年間分)の提出を求められますので、必ず作成するようにお願いします。
また、形式的に作成し、実態が伴わない状態にならないように!

<衛生委員会の議事録の雛形のダウンロード>
中小企業基盤整備機構

※弊社ではご契約企業様には、会社の状況をヒアリングさせて頂き、1年分の議事録(計画)を作成しています。

↓ココからできます!
http://j-net21.smrj.go.jp/establish/abc/pic/c5_130115_01.pdf

船渡川 太一

船渡川 太一株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

働く人の為になる情報をわかりやすく提供致します。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  2. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  3. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  4. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  5. sofa

    休養室にも設置義務があります!

一目置かれる健康知識

  1. tabajo-675x400
  2. 180427_hashika
  3. 170328
  4. mashin
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. 1215-suiminbusoku1221
  7. kusuri
ページ上部へ戻る