従業員の睡眠を確保しましょう!睡眠問題への対応

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_m

睡眠は、身体的にも勿論、メンタルの問題にも深く関わります。
健康の問題だけでなく、仕事の能率や、さらには勤務中の安全にも大きく影響をあたえます。

従業員へ、しっかりとした睡眠をとるように勧めることは
企業にとっても重要な対策になるでしょう。

睡眠問題の中でも、特に「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」は
昼間に強い眠気を覚える為に、仕事への影響も大きく、
特に運輸業界では、居眠り運転につながる問題から
早期発見・治療の為の、取り組みが積極的に進められてきました。

SASについて

SASは継続的な治療、外来受診が必要となるため、
患者である従業員の意欲が続かないことも多く、
職場でのフォローも、重要になります。

日本睡眠学会の報告によると、
SASの治療拒否者数は(企業のSAS検診などで異常が見つかった237人を対象)

産業医が関わっていない企業 68・8%
産業医が関与している企業 13・5%

以上のように、大きな差があらわれています。

SASのほかにも、様々な睡眠障害があります。
産業医による、睡眠に関するセミナーの開催などで
日中の眠気について啓発することも、
それらの問題を見過ごさずに、治療に繋げるために
非常に有益となるでしょう。

※睡眠時無呼吸症候群
のどや舌の根の筋肉が緩み、寝ている間に上気道をふさいで、
数秒から数十秒の呼吸停止が繰り返される状態。
眠りが浅くなるため、昼間に激しい眠気に襲われたり、集中力を欠いたりするようになる。
高血圧、心臓疾患などの原因にもなる。患者数は、推定200万人といわれ、大半が未治療。
診断には、医療機関での1泊検査が必要だが、
早期発見のため「パルスオキシメーター」の簡易検査は、
自宅で指と腕に器具をはめて寝るだけで判定できる。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  2. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  5. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

  1. 0119-kahunsyou
  2. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  3. 180427_hashika
  4. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  5. tabajo-675x400
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る