労災の早期発見について

PAK25_tokyobigsitero-tari

ケーススタディー:労災の認定

Q:
プログラマーのSさんは、先週、右上肢の痛みやしびれなどを訴え整形外科を受診したところ、
頸肩腕傷害と診断されました。
実はSさんは2011年2月頃から、右上肢の痛み、しびれなどの症状は感じ始めており、整骨院に通っていました。

またSさんはこの4年ほどの間、いくつもの会社を変わっています。
症状が発生したのはA社を退社する少し前です。
どの事業所から証明をもらって請求すべきなのでしょうか?

2010年4月~2011年3月・・・A社
2011年4月~2011年12月・・・B社
2012年1月~2013年3月・・・C社
2013年4月~現在・・・D社

A:
労災は2年までさかのぼって請求できます。
Sさんは2年前から症状がでていたようですが、整骨院では頚腕の診断ができません。

そのため労災請求は『できません』

労災の認定の基準

Sさんが初めて整形外科を受診し、診断を受けた先週が「発症」となり、
現在のD社の証明をもらって労災請求を進めることになります。

このように、実際には労災が起きていても、本人が労災であると気づいておらず、
そのままなかったことになってしまうケースもあります。

こうした労災に気づき、そして社員を守ることもとても大切なことです。
社員の方々の変化や体調にしっかりと目を配ること、気づくこと。
先輩や上司の方々の役目のひとつではないかと思います。

佐々木 泉

佐々木 泉株式会社ドクタートラスト 経営企画部 広報課

投稿者プロフィール

企業の健康を考えるこの会社で、
皆様が心身共に元気に過ごせる日常をサポートいたします。
少しでも、皆さんの力になれたらうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  2. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  3. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  4. N934_karutewomitekangaerudr

    休業中の定期健康診断について

  5. 170628%e6%b1%a0%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

    産休や育休で有給休暇は減ってしまう?

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  3. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  4. kusuri
  5. 0119-kahunsyou
  6. tabajo-675x400
  7. 170328
ページ上部へ戻る