薄着の季節が来る前に、駆け込み簡単トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
薄着の季節が来る前に、駆け込み簡単トレーニング

「お正月のんびりしたらズボンがきつくなってしまった」「もっと体を動かさないといけないのはわかっているけど」と思いつつ毎日の業務や生活に追われて時間が経っているという方も多いのではないでしょうか?
具体的に取り組むのが少し先になりそうなのであれば、今日からできることをやってみましょう。

身近にスポーツ施設があればいいけれど

先日、始業の前にジムで運動をしてから仕事を始めるという方のインタビュー記事を読みました。
その方はオフィスビルの中にジムがあり、早朝からやっているのだとか!
なんとも素晴らしい習慣だと思いつつ、かなり色々な条件が揃わないと難しいですよね。
また、ご自宅の近所にジムがある場合も実現可能かもしれません。
最近は24時間利用可能なジムが増えてきました。
ただ、オフィスの環境を変えるのは難しいし、ジムが併設されているマンションもあるようですが家賃が気になりますね。
ちょっと時間がかかりそうなことはまずは置いておいて普段の生活の中ですぐにできることを考えてみましょう。

まずはここから!姿勢の見直し

皆さん、ご自身の姿勢、どうでしょうか?
寒い季節は背中が丸まりがちですよね。
背中を丸めていると、背中に余計なお肉がついてしまいます。
まずは背筋をきちんと延ばす習慣を身につけましょう。
実際に背中を延ばして、腕を少し後ろに引くような感じで肩は上げずに落としてみましょう。
どうでしょうか?
実際にやってみると、下腹部に力を入れなければならないことに気が付くはずです。
慣れるまでは結構きついと思いますが、慣れてしまえばそれが普段の姿勢になりますよ。
バスや電車を利用する方は、立っている時の姿勢、どうでしょうか?
この時間もきちんと背筋を伸ばして下腹部に力を入れているとインナーマッスルを鍛える良い時間になりますよ。
座席が空いたらすぐに座りたい気持ちをぐっと抑えて通勤時間を活用してみてください。

エスカレーター、エレベーターにさよならを告げる!

また、移動中はエスカレーターとエレベーターにさよならをしてみましょう。
あまり使っていないつもりでも、よくよく思い返してみると無意識に使っていることがあると思います。
意識して、断ち!してみましょう。
そうすると自然と歩行量が増えます。
たくさん歩くようになると、「結構息切れするな」「なんだか体が重いな」など自分自身を振り返る機会にもなります。
久しぶりに走ったらつまずいた! 転んだ! なんてエピソードもよく聞きます。
普段から意識して足を動かすようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健師

投稿者プロフィール

看護師として病棟勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験、また、現在訪問企業で実施している業務からヒントを得て、皆様が知りたいことをお届けしたいと思います。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者、養護教諭一種
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る