女性だけではない!男性にもある更年期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

長い人生の中で避けては通れない更年期。
そのライフステージでは体にさまざまな変化が起きます。
更年期といえば、更年期障害が有名ですが、男性にもあるのを知っていましたか?

女性だけではなく、男性にもある更年期障害について、お伝えします。

更年期とは

更年期の具体的な時期は以下のようになっており、性別によって異なります。

女性:閉経前後5年間の期間(約10年)。個人差はあるが、50歳前後で閉経することが多い。(45~55歳)
男性:50~60代頃。加齢に伴う男性ホルモンの低下が起こる

<ライフイベントイメージ図>

更年期障害とは

女性にも男性にも起こる更年期障害ですが、症状は性別によって以下のように異なります。
女性:閉経に伴う女性ホルモンの急激な低下によって起こる。男性より女性のほうが症状がわかりやすい。女性らしい体の変化
男性:男性ホルモンの低下によって起こる。女性より男性のほうが身体・精神症状が出やすく、更年期期間が長い。自覚をしていないことが多い。性欲の低下が起こる、ストレスの影響を受けやすい

一方で、男女共に以下のような症状が起こります。

① 精神症状:気持ちが落ち込む、無気力、不安を感じる、憂うつ、イライラする
② 身体症状:のぼせ、ほてり、めまい、頭痛、疲労感、不眠、動悸

更年期障害のセルフチェック

男女ともに更年期障害が起こり、症状も似ている一方で、女性や男性で若干特徴の違いも理解できたかと思います。
自分自身が更年期障害になっていると知ることができるのか、気になる方も多いでしょう。
医療機関に行くこともお勧めしますが、実はご自身でセルフチェックすることができてしまうのです。
以下が、更年期障害のセルフチェック方法です。
詳細は以下をそれぞれご参照ください。

女性の更年期障害セルフチェック方法:SMIチェック表(更年期指数)(出典元:小山嵩夫クリニックHPより)
男性の更年期障害セルフチェック方法:AMSスコア(出典元:池田クリニックHPより)

働き盛りの40代、50代、少しでも元気に障害なく過ごしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
上地シゲ

上地シゲ株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

総合病院、クリニック、老人ホームなどで看護師として働き、9年目。もっと元気な人を増やしていきたいと思い、産業保健分野で活動すべく、保健師の資格を活かせるドクタートラストに入社。
【保有資格】看護師、保健師、第一種衛生管理者
【ドクタートラストの保健師サービスへのお問い合わせはこちら】
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 育児休暇中の従業員の健康診断

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る