心を健康に保つコツ ~見せる余裕。デキる大人。他人にお金を使って幸福感を得よう!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幸せを感じる瞬間とは?

みなさんこんにちは、精神保健福祉士の笹井です。
冷たいビールがおいしくなってくる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日の産業保健新聞テーマは「幸福感を得るコツ」についてです。
みなさんは「自分は今幸せである。」と感じられる瞬間がどれくらいありますか?
おいしいものを食べているとき、寝ているとき、お酒を飲んでいるとき、音楽を聴いているとき……。
人によってさまざまな答えが出てくるかと思います。
人は幸福感を感じると、脳内でセロトニンやオキシトシンなどのホルモンが放出されます。
それらのホルモンは、気分を安定させ、ストレスを低減させます。
自分は今幸せであると感じられる機会が多いほど、精神の健康を保ちやすいのです。

他人にお金を使おう!

では、精神を健康に保つために、何をして幸福感を得ればよいのでしょうか?
ここでご紹介したい研究があります。
「自分のためにお金を使うより他人のためにお金を使う方が幸福感が強く得られる」という社会心理学の研究結果です。
ストレスがたまると、服を買ったり、お酒を飲んだり、遊びに行ったりと、自分に対してお金を使う人は多いのではないでしょうか?
なぜ、他人にお金を使用して、幸福感が得られるのか疑問に思われる方も多いと思います。

認めて!偉いでしょ!凄いでしょ!と思う心

人間は様々な欲求を持っているのですが、現代の社会では肉体的な欲求、たとえば食事や睡眠は満たされています。
ですので、現代人は誰かに認められたい・褒められたい・尊敬されたいという精神的な欲求「承認欲求」や「自己実現の欲求」が主になってきます。
InstagramやTwitterが大流行したり、子供がなりたい職業にYoutuberが登場するのが、その現れですね。
他人に対してお金を使うことで、他者から「承認」されるため欲求が満たされて、幸福感を得ることができるようになるのです。
また、他人にお金を使うことで、自分が有能であるという自己肯定感も高められますし、善行を施していると認識し罪悪感も低減させることができます。

実践してみよう!

さて、皆さん、人にお金を使うことがどれだけ素晴らしいかわかりましたか?
冷たいビールがおいしい季節です。
アルハラにならないように、人にお金を使ってあげましょう!
お金をたくさん持っていても、不健康になったら使いどころなんてありません。
おいしくご飯が食べられるうちに使ってしまいましょう。
今日の記事はぜひ、オジサマオバサマ方に見ていただきたい記事です。
ちなみに、私は自分より年下の人におごってもらっても何とも思いません。
くたびれた上司が居たら、積極的におごってあげましょう。
それではみなさんさようなら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
笹井裕介

笹井裕介産業保健部 看護師・精神保健福祉士

投稿者プロフィール

精神科クリニックにて、患者の相談援助を行う精神保健福祉士として勤務。その後、知識を拡げたいと思い看護学校に入学し看護師免許を取得したのち、総合内科、呼吸器内科で勤務しました。多くの患者さんたちにかかわってきたからこそ、病気になる怖さを知っているつもりです。健康に働く人を増やせるように、自分が持っている知識を提供できればと思います。
【保有資格】看護師、精神保健福祉士

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. もし健康診断を拒否する従業員がいたら? 放っておくと罰金??

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る