カロリーゼロ、カロリーオフ、カロリー控えめ、これらはみんな全然別物!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

暑い日が続いていますが、そんな日につい飲みたくなってしまうのが、冷たいお酒や炭酸飲料やジュースなどの清涼飲料水と呼ばれるもの。
これらやコーヒー、紅茶などの飲み物で「カロリーオフ」「カロリーゼロ」「甘さ控えめ」をしばしば見かけますね。
みなさんはこれらの違いをご存知でしょうか?

カロリーゼロは0kcalではない、かもしれない?

カロリーゼロ、カロリーオフなどといった表示には、きちんと消費者庁で定められた基準があります。

① カロリーゼロ、ノンカロリー、カロリーレス

これらの表示は、食べ物100gまたは飲み物100mlあたり、5kcal未満である食品には表示してもいいと定められています。
つまりゼロ、ノンと書いてあっても、必ずしも0kcalであるとは限らないのです。

② 低カロリー、カロリー控えめ、カロリーオフ

これらの表示は、食べ物100gあたり40kcal以下、飲み物100mlあたり20kcal以下の飲み物には表示してもいいと定められています。

③ その他(甘さ控えめ、低糖、微糖など)

甘さ控えめ、ほどよい甘さは味覚を表す言葉であり、製造メーカーの主観によります。
そのため、明確な基準はありません。
低糖、微糖も同様に、糖類を減らしているという意味にはなるものの、その基準はメーカーによってまちまちで明確な基準はありません。

水代わりに飲むのは危険!

低カロリーと表示がある飲み物でも、暑い日に水やお茶の代わりに……と1L飲んでしまうと、最大で200kcalになってしまう可能性もあるということです。
200kcalというと、やや小さめのおにぎり1個分を余分に食べたこととほとんど同じことになります。
微糖、低糖などの表示があるコーヒーや紅茶も、商品によってはそれなりのカロリーが潜んでいることも……。
飲む量には気を付けるべきと言えます。

正しい水分補給で夏を乗り切ろう

これからの季節、水分補給は欠かせません。
熱中症予防のためには、喉が渇く前に水分補給をと言われています。
屋外ではもちろん、オフィス内でのお仕事中でも、パソコンなどの電子機器が発する熱や、エアコンによる乾燥で思いのほか水分は失われてしまうもの。
喉が渇く前に、適切な水分補給が必要となります。
そんなときの飲み物の選び方には注意!清涼飲料水を選ぶ際には、カロリーの表示をぜひ確認してみてください。また、汗をかいた際には塩分の補給も忘れないようにしましょう。

<参考>
・消費者庁「栄養成分表示を活用して、メタボ予防に 役立てましょう!」(https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_180615_0003.pdf)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
本野 鈴美

本野 鈴美株式会社ドクタートラスト 管理栄養士

投稿者プロフィール

栄養学を学ぶ中、学生時代の臨床実習で「もっと健康に気を付けていればよかった」という言葉を聞き、元気な人がこれからも元気で働けるようなサポートをしたいと感じてドクタートラストに入社。
食事の影響が身体に出るのは明日かもしれず、何十年後かもしれないからこそ、日々の積み重ねが大切であると考えています。忙しい現代人の生活に合った情報提供を行い、少しでも実践してみよう!と思っていただける提案を行いたいと思います。
【保有資格】管理栄養士、人間ドック健診情報管理指導士
【ドクタートラストの特定保健指導サービス詳細はこちら】
https://doctor-trust.co.jp/hokenshi/kenkoukanri/guidance.html
【ドクタートラストへの取材、記事協力依頼などはこちらからお願いします】https://doctor-trust.co.jp/form/company/contact/

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 受診勧奨ってどうするの?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る