• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

思い切り笑ったあと、なんだか気持ちも身体もスッキリすると感じたことはありませんか。
最近では「笑いヨガ教室」なども増えて起きており、笑いと健康の関係が注目されています。
また、「笑い」によって、精神的な側面だけではなく身体的側面にも効果があるということが、研究によって明らかになっています。

笑いとNK細胞の関係

私たちの身体には、身体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれるNK細胞というものがあります。
このNK細胞は、身体をがんや感染症から守る役割をになっています。
NK細胞はストレスに弱く、ストレスが強くかかると活性が低下してしまうという特徴があります。
このようにストレスとNK細胞の相性は決していいとは言えない一方で、「笑い」とNK細胞の相性はとても良いとされています。
笑いが発端となりNK細胞が活性化し、免疫力が高まるという効果があるのです。

笑いの効果

NK細胞との相性が抜群な「笑い」ですが、実はこれ以外にも、笑いにはプラスの効果があります。
以下では、「笑いの効果」をご紹介します。

運動効果が得られる

笑うことによって筋肉が刺激されます。
15分笑うことで、消費されるカロリーは約40kcal!
これを毎日続けることによって2キロ/年の減少が望める計算となります。

自律神経が整う

自律神経のバランスが崩れると体調不良へとつながります。
笑うことによって副交感神経が優位となるためリラックス効果が得られると言われています。

痛みの軽減

笑うことにより、ランナーズハイのような状態となり痛みの軽減につながるといわれています。

脳の活性化

笑うことによって、脳の血流量が増加します。
また、脳波もリラックス状態となり脳の活性化が導かれます。

笑いのコツ

「笑い」といっても色々な種類があります。
たとえば、「静かな微笑み」や「声をあげての笑い」などは、同じ「笑い」でも異なりますよね。
効果的な笑い方は、「意識的に声を出して笑う」です。
意識的に声を出して笑うことで、脳だけではなく全身に与える運動効果が高いといわれています。
ぜひ声を出して笑う機会を増やしてみてください。
年齢を重ね、あまり笑わなくなったという方は多いかと思いますが、この機会に日常生活を「笑い」でいっぱいにしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ドクタートラストニュース

ドクタートラストニュース

投稿者プロフィール

毎月第4火曜日に、翌月の衛生委員会でお使いいただける季節性に富んだテーマと、労働安全衛生関連の情報をまとめたメールマガジンを配信しています。
登録はこちらから:https://doctor-trust.co.jp/sangyoui/hokenshi/mailmagazine.html

また「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会の過去テーマ例など、各種お役立ちコンテンツを提供しています。
衛生委員会ハンドブック:http://aneiho.com/iinkai/

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 業務委託契約の安全配慮義務

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る