【女性のターニングポイント】カギを握るのは女性ホルモンの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

女性ホルモンが助けてくれること

「歳をとっても綺麗でいたい、輝き続けたい」

これは女性にとって永遠の課題となっているのではないでしょうか。
女性の美や健康にとても関係が深いのが「女性ホルモン(エストロゲン)」です。
では、女性ホルモンがどのように女性の健康を助けてくれるのかみていきましょう。

肌のハリやつや、自律神経のバランスに、女性ホルモンは貢献している

女性ホルモンは私たちの体にどのような影響を及ぼしているでしょうか。
代表的な働きは、以下のとおりです。

・女性らしい体を作る
・妊娠・出産
・お肌のハリ・つや
・コレステロールの調整
・骨を丈夫に保つ
・自律神経のバランスを保つ

女性ホルモン(エストロゲン)の変化

女性ホルモン(エストロゲン)は年齢によって変化します。
更年期が始まる40代から女性ホルモンは減少し、45歳くらいから急激に減少するといわれています。
そして、閉経を境によりいっそう減少していきます(平均の閉経年齢は50.5歳とされています)。
また、他にも過度なダイエットや仕事や家庭のストレス等も女性ホルモン(エストロゲン)に影響を与えます。
女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると、上記の「女性ホルモン(エストロゲン)が助けてくれること」の恩恵が受けられなくなります。

今のあなたの女性ホルモンは?~セルフチェック~

以下のことに思い当たる節があったら、女性ホルモンの減少が関係しているかもしれません。

・疲れが取れない
・シミ、シワが最近気になる
・突然、カーッと熱くなる
・目が乾く

しかし、女性ホルモンの減少は止められません。
ずっと輝き続けるためには、45~55歳の女性ホルモンの変化の時期にどれだけ対策するかが重要となります。

ポイント別対策

髪のコシ・お肌のハリを保つには「タンパク質」

魚や卵の他、大豆製品がおすすめです。
肉は、赤身や鶏むね肉などの脂肪の少ない部位を選び、グリルやしゃぶしゃぶなど脂を落とす調理法が良いでしょう。

丈夫な骨には「カルシウム+ビタミンD」

カルシウムは乳製品・小魚・豆類や小松菜などに多く含まれます。
カルシウムの吸収に必要なビタミンDは食べ物以外に日を浴びることでも作られます。短時間の日光浴で大丈夫です。

シミやシワ、アンチエイジングには「抗酸化食品」

野菜や果物に多く含まれてます。いろいろな種類をバランスよくとることが必要です。

女性の体すべてに影響する「大豆イソフラボン」

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをします。
ここで、大豆イソフラボンの新事実を紹介します。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしますが、その効果を得やすい人と得にくい人がいることがわかってきました。
その違いは、体内に入ったイソフラボンを「エクオール」という物質に変換できるかどうかというところにあります。
このエクオールに変換されないと女性ホルモンに似た効果を得にくいとされています。
そして、このエクオールを作り出すのが、「エクオール産生菌」です。
エクオール産生菌をつくれるかどうかは、以下のチェックリストを参考にしてください。
多くあてはまる人のほうがいいとされています!

~あなたはどれくらい当てはまりますか~
・豆腐や豆乳など、大豆食品をよく食べる
・睡眠時間を8時間以上とっている
・食物繊維を積極的にとっている
・ほぼ毎日運動している
・タバコは吸わない

ずっと輝く女性でいるために、今から「健康貯金」を始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
砂川 奈美

砂川 奈美株式会社ドクタートラスト 保健師

投稿者プロフィール

こころに寄り添うことのできる保健師を目指して勉強に励んでおります。
健康的な日々につながる情報を発信していきたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  2. 休業中の定期健康診断について

  3. ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  4. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  5. 職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る