「健康」を定義する4つの要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
190226am_kenkou4

突然ですが、今あなたは「健康」ですか?
特に病気にかかっていなければ「はい」と答えるのではないかと思います。
でも、その判断基準について、あなたは正確に説明できますか?

今日は改めて「健康」について考えてみたいと思います。

「健康」という概念

さまざまな人が健康について定義していますが、最も有名なのはWHO(世界保健機関)憲章の前文です。

健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。
原文:Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

このように、病気でなければ健康である、とはいえないのです。
さらにその状態は「動的状態」でなくてはならないとされています。

たとえば、あまり体調が良くないと思っていたけど、今は平気、といった場合。
これは継続して良好な状態ではないと判断されるため、健康の定義から外れると考えられます。
健康とは、上記の4つの要因において、良好な状態が維持されている状態を指します。

「身体的不調」「メンタル不調」は現在すでに認識が広まってきているように思われますが、「霊的健康(spiritual)」「社会的健康(social)」とは何なのでしょうか。

霊的健康とは

「霊的」と聞くと、「守護霊」や「オーラ」などのスピリチュアルな意味合いに見えますが、実はまったく違います。
日本WHOは、霊的健康について「人間の尊厳の確保や生活の質を考えるために必要で本質的なもの」と説明しています。
この文言は1998年に、今まで身体的、精神的、社会的の3つであった条件に、改めて加えらるべきではないかと提案された項目です。

「人間の尊厳」というとずいぶんと哲学的な話に思えるかもしれませんが、比較的身近な話です。
例えば、人種や国籍、LGBTなどによる差別、「お前は人間のクズだ!」と罵られるようなパワハラや限度を超えた過重労働による酷使なども抵触する可能性があります。

会社や家庭で、誰かに必要とされていると感じられるか…。
生きがいや周囲の人と支え合う関係を構築することができているか…。
そうした、人としての姿が健康における一つの条件と考えられているのです。

社会的健康とは

健康の社会的決定要因という言葉をご存知でしょうか。
たとえば発展途上国の貧困層は、病気が蔓延したりと、寿命も決して長いとはいえません。
また、少し前の報告ではありますが、日本においても教育年数などによって死亡リスクが変化するという報告があります。

文部科学省の「日本の『健康社会格差』の実態を知ろう」によれば、教育年数が短い人(貧困層)は、長い人にくらべて死亡リスクが約1.5倍高いとされています。
さらに、所得の少ない人は、多い人にくらべて死亡リスクが2倍近く高いのです。

理由はさまざまですが、貧困である場合、健康を維持するためのサービスや物を充分に購入できないこと、また体調などが悪かったとしても、医療が払えるかといった問題も出てきます。
さらに、学歴や生活環境、所得などについて他人とくらべてしまい、そうした格差が劣等感というストレスとなり、健康を害するという研究も存在します。
収入や仕事など、生活を維持するために必要な環境が整っていること。
それも健康のための大切な条件なのです。

「健康」に働くということ

「身体的」「精神的」「霊的」「社会的」、こうした4つの健康について維持できているか。
それを知るためにおすすめなのが、実はもう皆さんもご存知ストレスチェックです。

5分でできる職場のストレスセルフチェック

もちろん、ストレスチェックはこの4つの項目を調べるために作成されているわけではないので、結果が健康に直結してるわけではありません。
しかし、ストレスチェックの質問は、皆さんの周りの人々との関係性や、満足度、ストレス反応による体の状態といった項目を調べることができます。

さらに厚生労働省は、従来の57問版ではなく、80問版のストレスチェックを推奨をし始めました。
この80問版は57問に加え、ハラスメントやワーク・エンゲイジメント、職場環境に関する設問も追加されています。
ストレスチェックを受検した皆さん。ぜひ改めてご自身の結果を見直してみてください。

またストレスチェックについてお悩みの皆さん、ドクタートラストでは、厚生労働省推奨の80問版でのストレスチェックも受検可能な他、結果から現在の職場の問題を抽出する「満足度分析」も取り入れています。
詳しくは下記からご覧ください。
▶▶ドクタートラストのストレスチェック◀◀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
佐々木 泉

佐々木 泉株式会社ドクタートラスト 経営企画部 広報課

投稿者プロフィール

企業の健康を考えるこの会社で、
皆様が心身共に元気に過ごせる日常をサポートいたします。
少しでも、皆さんの力になれたらうれしいです。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  2. a0001_013731

    定期健康診断結果報告書 記入にあたっての注意事項

  3. 001-675x400

    脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  4. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  5. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

一目置かれる健康知識

  1. mashin
  2. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  3. 170328
  4. kusuri
  5. 180427_hashika
  6. kahun
  7. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
ページ上部へ戻る