働き方改革と休み方改革、どちらも重要です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2019年4月に働き方改革法が施行されますが、法制度にかかわらず、自主的に「働き方改革」に取り組んでいる企業も多いでしょう。

休み方は働き方と同じくらい重要

このときに忘れてはいけない視点は「休み方改革」です。
ただ働くだけではなくきちんと休むことができなければ、良いパフォーマンスを発揮することができず、生産性が向上しないからです。

みなさんの会社は労働者がきちんと休むことができる環境でしょうか。
またみなさん自身は、きちんと休むことができているでしょうか。

働き方・休み方改善ポータルサイト

厚生労働省の「働き方・休み方改善ポータルサイト」では長時間労働や年次有給休暇に関する現在の状況を簡単な設問に答えるだけで自己診断できるツールが、企業向けと個人向けの2種類紹介されています。
企業向け診断は人事労務担当者が対象で、休み方に関する会社の実態や具体的な課題を抽出し、グラフで視覚的に把握することができるとともに、改善に向けての対策のヒントを得ることができます。
個人向け診断は全社員が対象で、自身の仕事の進め方や仕事に関する考え方の振り返りや休み方の再確認をすることができます。

同サイトではほかにも、抽出された課題別の対策法や、休暇制度・支援法、他社の取り組み事例など、休み方に関するさまざまな情報が掲載されています。
無料で利用可能ですので、ぜひ一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。
また休み方改革については産業保健新聞でもご紹介しておりますので、こちらも併せてご参考にしていただければと思います。

<参考>
・ 働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省)

こちらもご一読ください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ドクタートラストニュース

ドクタートラストニュース

投稿者プロフィール

毎月第4火曜日に、翌月の衛生委員会でお使いいただける季節性に富んだテーマと、労働安全衛生関連の情報をまとめたメールマガジンを配信しています。
登録はこちらから:https://doctor-trust.co.jp/sangyoui/hokenshi/mailmagazine.html

また「衛生委員会ハンドブック」では、衛生委員会の過去テーマ例など、各種お役立ちコンテンツを提供しています。
衛生委員会ハンドブック:http://aneiho.com/iinkai/

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 健診結果は該当!法改正にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る