スマートウォッチのすすめ ~実際に買ってみました~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日とある営業先で
「最近マラソンに向けて、スマートウォッチを買ったんです」
というお話をきき、私もまず自分の健康管理に目を向けねば!ということでスマートウォッチを購入してみました。

スマートウォッチとは

スマートウォッチといえば、人気に火を点けたAppleWatchを思い浮かべる方が多いかもしれません。
今は各社さまざまなスマートウォッチを売り出しており、ぱっと見は一般的な腕時計のようなおしゃれなものから、スポーツに特化したものまで多数販売されています。

値段としては安いものだと数千円、高いもので数万円です。
安価なものは数か月でセンサーが壊れてしまう、という話もきいたのですが、今回はお試しということで4千円ほどのものを購入してみました。

スマートウォッチでできること

時間表示の他にたくさんの機能がついています。

<健康管理機能>
・歩数や距離や歩行時間・消費カロリー
・睡眠測定
・心拍数及び血圧の測定
・座りっぱなしアラーム機能

<便利な機能>
・メッセージ・Line・メール等の通知と内容表示
・電話の着信通知と拒否
・カメラ遠隔操作
・スマホの紛失防止
・タイマー機能・スケジュール管理
・suicaやクレジットカードと連携し支払う機能

スマートウォッチを使って睡眠改善

ドクタートラストでは、保健師によるセミナーをしていますが、最近依頼が多数くるのが「セルフケア」や「ラインケア」のセミナーです。
その中でも受講者の方から参考になったとよくいわれるのが「睡眠」に関するお話です。

以前の記事でもありましたが、睡眠をしっかりとれるかが、病気の予防はもちろん、仕事の生産性にまで影響します。
今回はスマートウォッチと上の記事にならって睡眠の改善に挑戦してみました。

私が購入したスマートウォッチは、腕につけっぱなしで眠ると「睡眠時間」「目覚まし回数」「寝つき時間と目覚まし時間」「レム睡眠時間とノンレム睡眠時間」がスマートフォンのアプリで記録されるようになっています。
また総合評価として睡眠品質が5段階で評価されます。
最初は本当に計測できるのかな?と思いましたが、実際に寝た時間も起きた時間もピッタリ計測できていました。

<取組み内容>
・平均睡眠時間8時間目標(20代に必要な時間数)
・0時30分までには眠る
・寝室に加湿器を設置する
・起きたらカーテンを開けて日光を浴びる

<取組み前>
平均睡眠時間:6時間~7時間
寝つき時間 :平日は1時頃
土日は夜更かしして昼まで寝ていることも
睡眠品質  :平均3.14(5段階評価)

<取組み期間>
平均睡眠時間:7時間~8時間
寝つき時間 :ほぼ0時30分までに寝れた
睡眠品質  :平均3.71(5段階評価)

実際取組みをしてみると寝起きがよくなり、仕事中とくにお昼休憩後に眠くなることが少なくなりました。
寝ているあいだ、スマートウォッチをつけていることも別段違和感なく、自動でアプリと連携し数値化して見えるので、全く手間はありませんでした。

買ってみてよかった

健康管理目的で購入しましたが、他の機能も非常に便利です。
特に鞄にスマートフォンをいれていてもLINEや電話がきたときに通知が来るため、すぐ気づくことができます。

他の機能についてはまだまだ使いこなせてはいませんが、生活習慣を見直す良いきっかけづくりになると感じました。
もし興味がある方がいれば、購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
須田 夕加里

須田 夕加里株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

働く人にとって気になるテーマ、タメになるテーマをわかりやすく発信できるように頑張ります!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 衛生管理者は週1回、職場を巡視しましょう

  2. 労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  3. 脱マンネリ化!衛生委員会テーマ資料・メールマガジンについて

  4. 派遣労働者の健康診断 良くある質問集

  5. 衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

一目置かれる健康知識

ページ上部へ戻る