採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?

採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?

新年度を迎え、早い所ではそろそろ会社の健康診断の時期、もしくはもう終了という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、健康診断の項目中、多くの方が苦手としている「採血」について、気になる症状のメカニズムをお伝えします。

採血後のフラフラ・・・実は・・・

針を刺し、痛みを伴うことから苦手とする方が多いですが、中には採血中・採血後に気分が悪くなる、倒れてしまうという方もいらっしゃいます。
実はこれ、VVR(血管迷走神経反射)といわれる血管の反射によって起こっている症状なのです。

原因

針が皮膚に刺さることでの痛み・恐怖等のストレスから、迷走神経(心拍を遅くし、血管の緊張を緩める神経)が緊張状態になることから引き起こされます。
この反射により血管が拡張し、一時的に循環血液量が低下するため、手足や脳へ十分な血液が送られなくなります。
その結果、立ちくらみ・めまい・冷や汗・手足の痺れ・顔面蒼白・悪心・嘔吐といった症状が起こるのです。
これらは特に採血終了直後に多く見られますが、採血中に出現する場合もあります。

対処法

・採血中に起こった場合はすぐに針を抜き、中断する。
・足元を高く上げた状態で横になってもらう。
・深呼吸を促し、水分補給で様子をみる。

一時的なもので回復が早いことが多いですが、念のため起き上がる際には血圧測定をし、上記症状が再度出現しないか観察しましょう。

またこのような経験がある方は、次回以降採血する際、必ず採血をする看護師に事前に伝えておきましょう。
VVRの既往があるという事前情報があれば、実施する側も安全・安楽に採血を受けられるよう対応の工夫ができます。

採血の度にこうした症状の起きやすい方は、横になった状態で採血を受けることをお勧めします。
こちらも、対応は看護師の指示に従います。

苦手な方にとっては、本当に嫌な検査だという採血。
ですが、血液からしか分からない身体の情報もあり、この結果によって、初めて病気が見つかることもあります。
毎年の健康診断が憂鬱だという方も、最低年に1回は、きちんと採血を受けましょう。

林 晴香

林 晴香株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

DT保健師の林です。
産業保健分野に限らず、健康に関するお役立ち情報を配信できればと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  3. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

一目置かれる健康知識

  1. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  2. 疲れ目のサイン
  3. ドライアイ
  4. nyuugann
  5. 杉井記事
  6. 落ち込むビジネスマン
  7. AdobeStock_50156371
ページ上部へ戻る