震災から3年、自宅の防災グッズは

o0450033812874657294

東日本大震災から3年

みなさんは、自宅に防災グッズや非常袋などを用意されているだろうか。
近く関東にも巨大地震がくるのではと言われているが、いざという時に備えて、この機会に自宅の安全を見直してみてはいかがだろうか。

防災グッズ、結局、何をそろえればよいのか

厳密に言えば、防災グッズは「これだけあれば安心!」というものは存在しない。
災害は、グッズをそろえる程度では防げないものだからだ。
さらに言えば、水と食料3日分の用意も、優先順位的には最後の方である。
それは、これまでの国内の自然災害において、水や食料不足が理由で亡くなった方はいないからだ。
現在では、どこの自治体でも災害対策を行っており、インフラが停止するような大災害が発生しても数日内に救援物資が届くと考えられる。

備蓄するもの/持ち出すもの

備蓄するものは、自宅に置いておけばよいもので、ライフラインが停止したり買い物の行けない場合に必要なものである。
持ち出すものは、自宅以外の場所に避難しなければならない場合に必要なものである。
必要な防災グッズは、家族構成・環境・季節・天候などによって異なる。
まず、地震、火事、津波などが起こった場合について、具体的に想像してみよう。
リアルに想定することで、おのずと自分に必要なものが分かってくるだろう。
袋などに必要なものをまとめ、オリジナルのものを用意しておくと安心だ。

防災の優先順位

1.生命を守るもの
安全な家に住む。家具を固定する。

2.自宅で待機できるもの
(例)懐中電灯、簡易トイレ、水、食品、充電器、ラジオ、水なしシャンプー、防寒グッズ

3.自宅から安全に避難できるもの
(例)懐中電灯、スニーカー、ヘルメット、雨具、保温シート

4.避難所で健康を維持できるもの
(例)常備薬、メガネ、洗面用具、生理用品、着替え、カイロ

5.避難所で快適に過ごせるもの
(例)貴重品、簡易食器、耳栓、枕、ラップ、ティッシュ、タオル

総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html

高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 9dacecf7edba8071a64e35f16f448678_m

    衛生管理者の複数事業場兼務は可能か?

  2. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

  3. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  4. shika

    「歯科健診」は企業の安全配慮義務に含まれるか

  5. 9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_m

    受診勧奨ってどうするの?

一目置かれる健康知識

  1. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  2. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  3. mashin
  4. kahun
  5. 180427_hashika
  6. jiritu
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る