今年のインフルエンザには要注意

kaze

インフルエンザの流行シーズンがやってきた。
現在、日本各地ではインフルエンザの流行が『警報』レベルに近づいており、
埼玉・千葉・東京・神奈川の首都圏ではすでに『警報』が発令されている。

そして今年(2014年)のインフルエンザだが、
流行しているインフルエンザのタイプに、昨年とは大きく違う特徴がある。

それは、5年前に「新型インフルエンザ」として猛威を振るった「H1N1型」というウイルスが
感染者全体の47.4%と半数近くを占めているということである。

また、このH1N1型のウイルスの中に、
タミフルが効きにくいタイプのものも表れてきているとのこと。

H1N1タイプのウイルスは、大人が感染しても従来の型より重症化しやすいということはないが、
小さな子供や若年層、高齢者は重症化しやすいようである。
ご家庭に高齢者や小さなお子様がいらっしゃる方は特に注意が必要である。

インフルエンザのワクチンを打ったから大丈夫???

インフルエンザワクチンの中には、H1N1に対する株も含まれているので、
ワクチンを打った方は確かに「発症しにくい」「重症化しにくい」と言える。

しかし、インフルエンザワクチンの予防効果は100%ではない。
インフルエンザワクチンを打っていても、人はウイルスに感染する。

一般的に、高齢者や子供では予防率が低く、青年期では高くなるが、
疲労や睡眠不足、ストレスなどの要因があれば、
働く世代で予防接種を受けていたとしても、インフルエンザにかかる確率は高まる。

予防接種も打ったから自分は絶対かからない!!
ではなく、マスク、手洗いなど予防をしっかり行い、
なるべくしっかり睡眠を取る、栄養を取るなど疲労回復に努めよう。

西岡 まゆみ

西岡 まゆみ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

自分も働く労働者の一人として、皆様の立場に立った視点を持つことも忘れずに情報発信していければと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 疲れ目のサイン
  3. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  4. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  5. ドライアイ
  6. 落ち込むビジネスマン
  7. 171121
ページ上部へ戻る