昼休みの過ごし方

c5b72a818b64afb3335323fbfb96588a_m

昼休みと健康の関連

職場で唯一の貴重な休み時間、「昼休み」。
どのように過ごしているだろうか。
職場のデスクで昼食を食べたり、同僚と外食をしたり、一人でカフェで過ごしたり、または、ランチは食べない・・・という人もいるかもしれない。
そもそも、「昼休み」をとることは、健康と関連があるのだろうか。

昼休みが必要な理由

1日集中して仕事をするためには、かなりの注意力・精神力・体力を要し、多くのストレスを生み出している。
そのため、どんな仕事であっても、その生産性を上げるためには「休息」が不可欠であるという。
「デスクから離れてランチ休憩をとることは、活力流出の原因から自らを切り離すことになる」
「仕事が終わってからではなく、日中に活力を再び取り戻すことが大切」
(テネシー大学 クリス・カニンガム教授)

仕事で生じたストレスを回復させるためにはどれだけの休息が必要かについては、個人差がある。
10分で大丈夫な人もいれば、1時間必要な人もいるが、効果的な休息のとり方は、こちらである。

緑とのふれあい
一日中座って仕事をする内勤のデスクワークほど、生産性や気分、肉体的な健康の妨げになるといわれている。
日中に一度は何かしら活動的なことをすることをおすすめする。
よく歩く、ストレッチをする、可能であれば、何か気分が上がるようなことを「昼休み」にすることが効果的である。
中でも自然とのふれあいは最も簡単な方法だ。

同僚との交流
よく人と話す仕事をしている人以外、同僚と交流を図ることは大切である。
ポイントは仕事の話はしないこと。

食事を楽しむ
就労時間中にエネルギーを取り戻せるものは、唯一食事である。
また、新陳代謝のレベルを維持するには、1日を通して少しずつ食事をとることが必要だ。

休息を上手にとれている人は、仕事のパフォーマンスも抜群のはず。
逆に、休息が上手にとれていない人は、仕事の能率も上がらない。
ぜひ、有意義な昼休みを過ごそう。

高橋 さなえ

高橋 さなえ株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

会社員時代に産業保健に興味を持ち、保健師になりました。
企業勤めの経験を活かし、はたらく人にとって身近なテーマを発信させていただきます!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  2. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  5. 0517%e7%94%a8

    ご存知ですか? 大掃除は企業の義務です!

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. mashin
  4. 180427_hashika
  5. kahun
  6. 170328
  7. kusuri
ページ上部へ戻る