今こそ防災について考えよう!

0827-bousai

日本は自然災害大国

皆様ご存知のとおり、日本は地震の多い国です。
その他にも火山や台風など、ほぼ年中、自然災害に悩まされているといってもいいでしょう。
6月18日には大阪北部地震、7月7日には千葉県東方沖震源の大きな地震がありました。
また、7月は西日本を襲った豪雨で水害も起こりました。

自然災害を防ぐことは難しいです。
しかし、発生した時のための準備は今からでもできます。
オフィスで、ご家庭で、今一度防災について考えてみませんか?

防災週間

毎年9月1日は「防災の日」と定められており、防災の日を中心とした1週間(8月30日~9月5日)が「防災週間」となっています。
防災グッズの準備・確認や、家族・会社で防災について話すなど、災害への意識を高めましょう。

また、防災週間中には各地でさまざまな防災に関するイベントが行われます。
お住いの都道府県庁や地方自治体を調べてみてください!

災害に備えましょう!

自然災害を事前に把握することができればよいのですが、残念ながらそうもいきません。
いつ・どこで起きるか分からない災害に立ち向かうためにきちんと備えておきましょう!

・ 食料、飲料

ライフラインが止まった場合に備え、飲料水や食料品を備蓄しましょう。(3日分目安)
特別なものを用意するのではなく、日常で気に少し多めに食材・加工品を買っておいて、使いながら備蓄する「ローリングストック法」がおすすめです。

・ 家具の置き方

室内で地震が起きた場合に怖いのが、家具の転倒です。
倒れてきた家具の下敷きになり亡くなったり、けがをしたり……。

特にオフィス内ですと、大きなキャビネや本棚がたくさんあると思います。
しっかりとストッパーやL字型金具で固定されていますか?
本棚の中の本が雪崩のように落ちてこないように工夫されていますか?
職場巡視の際にでも注意深く確認してみましょう。

・ 非常時持ち出しバックの準備

地震や水害で自宅や会社が被災した場合、避難所へ避難することになります。

「あれもこれも持っていかなきゃ」
「大切なあれどこにあるんだっけ?」
と非難の準備をしている時間すら、緊急時は惜しいです。
スムーズに避難できるように、両手があくリュックサックに貴重品や食料品など持ち出すものを詰めておきましょう。

また、季節によって持ち出したいものが変わってくると思います。
(夏は冷却シート、冬はカイロなど)
3.11(東日本大震災)と9.1(防災の日)に中身を確認すると良いでしょう!

・ 安否の確認方法、避難場所の確認

家族と別々の場所で被災した場合や仕事中・出張先で被災した場合でも安否確認ができるように家族、会社で「安否確認方法」と「集合場所」は決めておきましょう。

備えあれば憂いなし

いかがでしたか?
これから災害への備えをする人、すでに備えはあるけど見直ししたい人の参考になれば幸いです。

先述したように日本は地震が多いので、防災対策=地震対策と思ってしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。
さまざまな自然災害はいつだって突然にやってきます。
常日頃から災害に備えることを習慣化しましょう!

堀川 さおり

堀川 さおり株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

ノルウェー留学の経験を生かし
北欧関係の話題はもちろん、身近な疑問を分かりやすくお伝えいたします

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. taimingu

    人事部なら知っておきたい、労基署への報告書提出タイミング

  2. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

  3. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  4. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  5. sofa

    休養室にも設置義務があります!

一目置かれる健康知識

  1. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  2. kahun
  3. kusuri
  4. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 1215-suiminbusoku1221
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る