仕事と不妊治療の両立を目指して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
dtnews_03_funinchiryou

仕事との両立

不妊治療は、「高額の医療費の負担」「周囲のサポートがない」など、さまざまな悩みが付き物で、その中には「仕事との両立」も挙げられます。
ある調査会社が、仕事と不妊治療の両立についてのアンケートを行ったところ、約9割が「仕事との両立は難しい」と答えたそうです。

費用面、時間面の負担

人工授精や体外受精・顕微鏡受精など、不妊治療の方法は複数ありますが、いずれも健康保険が適用とされないため、高額となってしまいます。
また、個人の体質や薬との相性、卵子の育つタイミングなどに合わせて通院日が決まります。
このような理由から、通院日が多くなってしまうことや、急な通院が必要となる場合もあります。

なかなか周りに打ち明けられない

さらに不妊治療はデリケートなことでもあるため、大々的に「不妊治療しています」と周囲へ公表する方は、少ないのが現状です。

「これ以上、仕事に穴があけられない」、「急に休んだ次の日、周囲の目が気になり会社に出社しづらい」などといった理由から、転職や退職するケースが起きています。

この様な現状を鑑み、仕事を続けながら不妊治療を続けてもらおうと、国や市町村、企業で少しずつ企業からの助成金や休暇・医療費控除などの取り組みが行われはじめつつあります。

パートナーはもちろん、職場のサポートも不可欠

皆さんの職場での取り組み状況はいかがでしょうか。
不妊治療は、パートナーはもちろん、職場の方のサポートや理解が不可欠となります。
これを機会に、仕事と不妊治療の両立について考えてみてはいかがでしょう。

<参考>
「東京都特定不妊治療費助成の概要」(東京都福祉保健局)
「仕事と不妊治療の両立について」(厚生労働省)

こちらもご一読ください

・ 「仕事と妊活」(産業保健新聞)
・ 「働く女性が知っておきたい!妊活Q&A」(産業保健新聞)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
有川 紫乃

有川 紫乃株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

これまでの医療経験を生かして、皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. be483c01d9a06ef39c6cfe9758825ad7_l

    パワハラに該当する3つの要素を厚労省が公開

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  5. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

一目置かれる健康知識

  1. 180427_hashika
  2. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  3. 170328
  4. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  5. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る