Amazonの安全道場とは

180721_amazonanzendoujyou

皆さんはインターネットで買い物することはありますか?
私はAmazonを利用することが多いのですが、頼んだら次の日には届くことに最初は驚いていました。

「数億種類の商品を取り扱っているのに、すぐ届くのはどのようなシステムになっているんだろう」と気になったことはありませんか?
今回はAmazonの生産性が高い秘密と安全対策について、神奈川県川崎市にある、アマゾン川崎フルフィルメントセンター(以下、「川崎倉庫」といいます)の様子とともにご紹介いたします。

スピードの秘密はロボット

川崎倉庫では商品の入ったたくさんの棚がひとりでに動いています。
その秘密は、棚を持ち上げているAmazon独自のロボットを活用した物流システム、アマゾン・ロボティクスです。
このロボットは
① 約340kgまで運ぶことができる(グランドピアノほどの重さ)
② 床に貼られているQRコードでお互いの位置情報を把握しているため、ぶつからない

という特性があります。

人が棚の場所まで商品を取りに行くわけではなく、棚が人のほうに動いてきて商品をとることができるため、無駄なロス、さらにはミスもなく商品管理ができるのです。
また、商品分類はされておらず、入荷された商品のバーコードを読み取ると近くにいる棚がやってきて、空いている場所にいれればいいので直観的に作業することができ、スキルのない人でもミスなく作業をすることができます。

ロボットが導入される前は、広い倉庫内を商品を集めるために人が歩き回り、1日に20㎞以上も歩くこともあるような、肉体的にもしんどい職場でした。
また繁忙期には多くのアルバイトを雇う必要もありました。
ロボットの導入により2~4倍の効率化が図られ、人件費も大幅に削減することができたのです。

安全道場の鉄の12か条とは!?

人為ミスをなくすため、川崎倉庫には「安全道場」とよばれる研修施設があり、新人研修も徹底して行われています。
その中で教えられる安全12か条について紹介したいと思います。

1. 標準作業以外は行わない
2. 服装ルールは守る
3. 構内は走らない
4. 一旦停止で左右確認
5. 腰はまげない ひねらない
6. フォークリフト・機械類に近づかない
7. 立ち入り禁止区域に入らない
8. 定品・定位置・定量(3定)を守る
9. 声掛け励行「通ります!」
10. 事故・ケガ・故障は即報告
11. 資格者以外、ARエリアには入らない
12. 自分を守る、笑顔で帰る

構内を走らないために歩行速度の基準は10メートルあたり8秒、作業中の声掛けの音量は80db以上と決まっていて、安全道場では音量の測定器を使った研修もあります。

安全対策を見直してみよう

安全な職場づくりによって、ミスや労働災害を防ぐことは生産性を高めることにもつながります。
ロボットの導入は難しいかもしれませんが、定期的な安全対策の見直し、ルールの徹底をしてはいかがでしょうか?
今後も参考になるような安全対策事例を紹介していきたいと思います。

 

須田 夕加里

須田 夕加里株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

働く人にとって気になるテーマ、タメになるテーマをわかりやすく発信できるように頑張ります!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  4. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. jiritu
  2. kahun
  3. tabajo-675x400
  4. 170328
  5. mashin
  6. kusuri
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る