残業時間と労災の認定率について

50bd232cd1ef8f1e261e8bf7da221338_

残業時間が80時間を越えると、労災リスクが急激に増加

下記の図を見るとに80時間を境に、脳・心臓疾患の発症率が激増していることが分かります。

<平成19年調べ>

逆に言いますと、時間外労働時間が月45時間以内であれば脳血管疾患、虚血性心疾患の発症率は少ないとされています。そのせいか、残業時間60時間未満の労災はゼロという結果が出ています。

しかし、だからといって残業時間を45時間以内に抑えれば、労災認定がされないというわけではありません!
下記の図を見てください。

<平成19年調べ>

精神疾患の場合はなんと残業時間が20時間未満でも発症数が高く、労災認定もされています。
からだの不調は、過重労働がダイレクトに影響しやすいと言えますが、
メンタルに関しては、本人の状況(元来持っていた疾患など)・職場の環境などの影響が多く、
残業の多い少ないは密に関係していないともいえます。

テレビやニュースで、長時間労働がいかにメンタル疾患を引き起こすかなどの記事を多く目にするせいで、
長時間労働=メンタル発症といったイメージを持っていましたが、実際のデータでは別の要因も多く存在するのですね。

残業時間ほぼゼロ!というのは素晴らしい職場環境だと思いますが、長時間労働=労災認定!というわけではありません。

残業ゼロにあぐらをかき安心するのではなく、職場の健康管理は手抜かりなく行うことが大切ですね。

山川 加奈子

山川 加奈子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

社員ひとりひとりの気持ちに寄り添うことができる温かい心を持った保健師を目指して日々勉強中です。先生のご指導の下、企業への最善のサポートが出来るよう努力したいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  2. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  3. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 171121
  3. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  4. ドライアイ
  5. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  6. tabajo-675x400
  7. 疲れ目のサイン
ページ上部へ戻る