働く人のお昼寝テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
062529

寝不足は、働く人にとって永遠の悩みなのではないだろうか。
慢性的に睡眠不足を感じている方は多い。

過重労働面談をすると、帰宅するのが0時~1時前後。
それでも朝は6時台に家を出るという方の多さに驚く。
寝不足が続いている時に、早く帰れる日があればそれに越したことはないが、
納期前や繁忙期、トラブル発生時などはそうもいかず、深夜帰宅早朝出勤が続くのが現状である。

そんな時、ぜひ取り入れていただきたいのが「昼寝」。
最近ではお昼寝グッズやお昼寝カフェなるものも登場し、リクライニングチェアーやマットレスなどで10分や15分単位でお昼寝することができる。

昼寝のメリットと注意点

1、昼食後の眠気の解消
食後は消化のため血液が消化管に集中する。
そのため脳への血流が少なくなり眠気が発生する。
昼食後に短時間の睡眠を取ることで、午後の仕事の集中を高める。

2、昼寝は20分以内に
入眠後約20分を超えると眠りが深くなり、その後の目覚めが悪くなる。
眠るのは15~20分程度にとどめよう。

3、昼寝の前にコーヒーや紅茶を
入眠前にコーヒーや紅茶などカフェインを含む物を飲むことで、昼寝後の目覚めを良くすることができる。

4、昼寝は15時頃までに
短時間の昼寝であっても、遅い時間に取るとその後夜の睡眠に影響することがある。
昼寝は15時頃までに済ませよう。

多忙な時は、少しでも睡眠の時間を確保して体を休めることが大切だ。
ちょっとした昼寝であればデスクでも取ることが可能である。
疲れている時はちょっと早めに昼ご飯を済ませ、昼寝の時間を取ってみてはどうだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田中 祥子

田中 祥子株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業の健康管理室で働いていた経験を様々なかたちで皆様にお届けしたいと思っています。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  2. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  3. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  4. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. kusuri
  2. jiritu
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. 180427_hashika
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. 170328
  7. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
ページ上部へ戻る