マスクでウイルス対策できる?

180122_上田さん

マスクって効果あるの?

インフルエンザが流行る季節となり、街でマスクを着用している人が多くなったように感じます。
ウイルス対策はさまざまありますが、対策の一つとしてよく用いられるのがマスクです。
マスクをしていれば、ウイルスが鼻や口に入らないので、効果的である! と考えている方は多いのではないのでしょうか?
そこで、マスクは果たしてどのくらいウイルス対策に効果があるのか、まとめてみました。

ウイルスより大きいマスクの網目

風邪のウイルスやインフルエンザのウイルスは、直径が0.1マイクロメートルといわれています。
それに対し、一般的なマスクの網目は5マイクロメートル程です。
すぐおわかりいただけるかと思いますが、ウイルスはマスクの網目よりかなり小さいため、実はマスクでは、ウイルスを防ぐことはできません。

「口元の加湿」という大切な効果

マスクではウイルスを防ぐことができないと申し上げましたが、マスク着用にまったく意味がないというわけではありません。
マスク着用には、「口元の加湿」という効果があります。
ウイルスは、湿度が高いと長く生存できません。

口元の湿度を上げておけば、マスク越しでウイルスが入ってきた際、一定の効果があるでしょう。

また、ウイルス自体は防げませんが、本人がウイルス感染している場合、咳やくしゃみ等によって飛び散る飛沫に含まれるウイルスは、マスクに引っかかりますので、周囲の人にうつさないという意味では、十分効果的です。

マスクの正しい付け方

① マスクの上下、表裏を確認し、顔に装着しゴムひもを耳にかける
② 鼻をつまむようにしノーズピースを調整する
③ 顎の先までマスクを広げ、隙間ができないようにする
④ 頬、鼻、顎に隙間が無いようにマスクを押さえる

×間違った着用方法×
・ノーズピースとひだが合っていない
→隙間からウイルスが入ってしまいます。
・着用していたマスクを顎にかける
→顎にウイルスが付着している場合、それがマスクの内側についてしまいます。

自分自身のウイルス対策や他人への気遣いとして、マスクは正しく着用し、この冬を乗り切りましょう!

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  2. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  5. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

一目置かれる健康知識

  1. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  2. manindensya
  3. 171121
  4. 疲れ目のサイン
  5. AdobeStock_50156371
  6. tabajo-675x400
  7. ドライアイ
ページ上部へ戻る