もしもあなたの会社で過労死が起きたら

1016-%e8%97%a4%e5%8e%9f%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

過労死。それは決して他人事ではありません。
実際に、定期的にと言っていいほど、過労死関連の報道が繰り返されています。
過労死を起こさせない労働環境を整備することは本当に大切なことですが、それが思うように進んでいないと感じるのは、私だけでしょうか?

今回は少し視点を変え、実際に過労死が起こってしまった際に起こるであろうことを書かせて頂きたいと思います。

過労死が起きてしまいました。さて、どうなる?

働き盛りの社員が急死をした。直近数ヶ月の残業時間は100時間を超えていた。働きすぎが原因と思われる。

このようなケースが発生した場合、ご遺族により労働基準監督署に労災認定請求がなされる可能性が高くなります。
これは、「故人がどのような理由で亡くなってしまったかを明らかにしたい、再発させないためにも真実を知りたい。」というご遺族の願いがあるため、自然な流れであると思います。

労災認定請求を受けた労働基準監督署は、職場に立入り調査をし、業務内容・労務状況の調査、また聞き取り調査などを行い、それが、業務が原因であったか?ということを調査します。
今回のケースでは、直近の残業時間が1ヵ月あたり100時間を超えていたと設定しているため、ほぼ無条件で労災認定(過労死認定)されるものと思われます。(過労死ラインは残業時間80時間/月といわれています

労災認定の後は、裁判(損害賠償請求)がある

労災認定がされた場合、その後には裁判(損害賠償請求)があるケースが大半です。
ここで押えておかないといけないのは、労災認定はあくまでも「仕事が原因で発症した」ということが認められたという点です。
「会社に責任がある」と認められたことには必ずしもなりません。

ご遺族としては、会社に責任があることを認めてもらう、またどういった理由で過労死になってしまったかを司法の場で明らかにしたいという思いから、会社側の責任を明らかにするためにも裁判をすることが多いです。

裁判となれば、弁護士が主体となり、業務内容・労務状況の調査、また聞き取り調査などを行い、裁判所にて争うことになります。

基本的なことになりますが、労災認定は「行政」がおこない、裁判は「司法」がおこないます。
従いまして、行政と司法の判断が違ってくるということは、もちろんあり得ます。
ただし、現状として行政が下した判断(労災認定)と司法が下す判断(損害賠償請求)はイコールになるケースがほとんどということを覚えておいて頂きたいと思います。

労災認定された = 裁判でも会社側の敗訴が濃厚

ということが成り立ってしまいます。

損害賠償額は?その他の損害は?

裁判にて敗訴した場合、会社側が損害賠償をする事になります。
損害賠償額は、故人の年齢や給与額、過失割合などにより変動します。
一概には言えませんが、過去の事例を見てみると、1億円を超すケースもあります。少なくとも数千万円の賠償請求があると考えるべきです。
もし中小企業で過労死が起こってしまうと、たちまち会社存亡の危機になってしまいかねない金額と言えるのではないでしょうか。
これは過労死を出してしまったが為の直接的な損害ですが、間接的な損害として、

・会社の社会的信用が失墜する
・社員のモチベーションが下がる、大量退職などのリスク増大
・優良な人材確保が難しくなる

などが考えられます。

今回は、過労死という重いテーマを取扱いましたが、「過労死」を起こさない・起こさせない労働環境をつくるということが大切であることを意識して頂きたいと切に願っています。

藤原 実

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

難しいことはより簡単に。ややこしいことはより分かり易く。
産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けしたいと思います!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  2. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  3. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

一目置かれる健康知識

  1. manindensya
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. jiritu
  4. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  5. 疲れ目のサイン
  6. %e7%94%a3%e6%a5%ad%e5%8c%bb%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る