目的は職場環境改善!!~「ストレスチェック制度啓発セミナー」参加レポート~

a0002_000166_m

少し前の話になりますが、7月に一般社団法人日本精神科産業医協会主催の「ストレスチェック制度啓発セミナー」に参加してきました!

日本精神科産業医協会とは

日本精神科産業医協会は、企業におけるメンタルヘルス不調者の増加、精神疾患による労災認定増加している状況を踏まえ、産業医としての機能を果たす精神科医を「精神科産業医」として認定し、労働者・企業・社内に役立つ存在として成長させることを目指している協会です。
つまり、産業医として、企業のメンタルケアの最前線に立っている先生方の集まりといえるでしょう。
多くの経験豊富な精神科医の先生が参加している協会主催のストレスチェック制度啓発セミナーと聞き、大変期待をもって参加しました。

実際のセミナー内容もその期待のまま、大変興味深い内容のものでした!
今回はその中から、特に印象的だった解説を共有していきたいと思います。

ストレスチェックの目的は職場環境改善。実施自体はスタートに過ぎない

セミナーの中では、ストレスチェック義務化の目的が「実施すること」にあるという誤解が蔓延している状況を大変危惧されていました。
ストレスチェック制度の目的は、職場環境の改善にこそあり、働きやすい職場をつくることで、従業員の精神的健康の増進と、さらには生産性の向上を目指すものであるとお話しされていました。

この目的を考え、
・ ストレスチェックは生産性向上のためのツールであり、「健康マター」ではなく「経営マター」である
・ 経営レベルが本腰を入れて対応すべき制度である
という上記2点を解説いただきました。

危惧されている点に関して、実際にストレスチェックの実施状況を研究した調査においても、職場環境の改善の実施まで行った事業場は全体の5.6%しかない結果も紹介されています(平成28年厚生労働省科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業より)。
本来の目的である職場環境改善が行われないことで、危惧されている影響のひとつとして、従業員が「受検しても何も変わらない」と感じてしまうことが挙げられます。
結果として、翌年以降の受検率が低下し、制度が形骸化してしまうことを大変強く不安視されていました。
そうならないように運営するには、実施前に分析結果を有用に活用し職場改善を行う旨の全体への周知徹底と、全員の納得を得ることが必要であり、そのための準備が重要であるとのことです。

職場環境改善につながる集団分析が、義務化されていないのはなぜか

しかし、そこまで重要な集団分析が、現行の法令では、強制力のない「努力義務」と規定されています。

なぜなのか?

それは決して集団分析が軽視されているということではありません。
ストレスチェックの施行に際しての検討会において企業側から「準備期間がほしい」との要望があり、猶予期間をあたえている状況だというのが理由だそうです。

ストレスチェックの目的を考えると、「集団分析もいずれ必ず、義務化される(整合性確保のため)」とはっきりと断言されていました!
ストレスチェックと集団分析は、セットで行うべきものと考え、企業側も準備を進めておいた方がよいことがわかりますね。

施行後、2年が経過したストレスチェック制度ですが、本来の目的の達成のためには、まだまだ取り組むべきタスクは多そうです。
次回はセミナーの中より、「健康リスクの考え方」「ストレスチェックにおける産業医の重要性」をご紹介したいと思います。

宮入 孝史

宮入 孝史株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

健康な社員を増やすことが企業の元気につながると信じ、為になる情報を皆さんにお伝えしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  3. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

  4. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  5. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

一目置かれる健康知識

  1. 疲れ目のサイン
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. jiritu
  4. nyuugann
  5. AdobeStock_50156371
  6. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  7. manindensya
ページ上部へ戻る