油の種類

abura

今日は油についてお話。油と一言で言ってもたくさん種類がある。
どの油を積極的に摂取し、どの油を控えた方が良いのか?

摂取したい油

魚油
魚にも種類がたくさんあるが、青魚(いわし、さんまなど)に多く含まれている。

植物油
コレステロール低下作用がある。

オリーブオイル

オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、植物油の中でも
比較的酸化しにくく、コレステロール低下作用がある。

キャノーラ油
オリーブオイルと同じく、オレイン酸が多く含まれている。

他にも、ゴマ油、ベニバナ油、コーン油、エゴマ油などがある。

控えたい油

動物性脂肪とトランス脂肪酸
たくさん摂ると体内のコレステロールや中性脂肪を増加させ、動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の一因となる。

乳脂肪
乳脂肪と言えば、こってり美味しい生クリームですが、意外にお菓子や加工品にも利用されている。
また牛乳などにも約3%、アイスクリームや洋菓子全般には多く含まれている。

肉類の脂肪
肉の種類によって脂肪の含有量が異なり、ヒレやモモ、鳥類はささみやムネを選ぶとヘルシー。

ただし、すべての油には1gあたり9kcalのエネルギーがありますので、どんな油も摂り過ぎは肥満や生活習慣病の原因となる!
バランス良く摂取しましょう。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  2. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  3. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  4. ihou

    職場の救急箱未設置は違法? 職場の安全配慮義務について

  5. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

一目置かれる健康知識

  1. 1215-suiminbusoku1221
  2. 170328
  3. jiritu
  4. 180427_hashika
  5. 0119-kahunsyou
  6. tabajo-675x400
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る