油の種類

abura

今日は油についてお話。油と一言で言ってもたくさん種類がある。
どの油を積極的に摂取し、どの油を控えた方が良いのか?

摂取したい油

魚油
魚にも種類がたくさんあるが、青魚(いわし、さんまなど)に多く含まれている。

植物油
コレステロール低下作用がある。

オリーブオイル

オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、植物油の中でも
比較的酸化しにくく、コレステロール低下作用がある。

キャノーラ油
オリーブオイルと同じく、オレイン酸が多く含まれている。

他にも、ゴマ油、ベニバナ油、コーン油、エゴマ油などがある。

控えたい油

動物性脂肪とトランス脂肪酸
たくさん摂ると体内のコレステロールや中性脂肪を増加させ、動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の一因となる。

乳脂肪
乳脂肪と言えば、こってり美味しい生クリームですが、意外にお菓子や加工品にも利用されている。
また牛乳などにも約3%、アイスクリームや洋菓子全般には多く含まれている。

肉類の脂肪
肉の種類によって脂肪の含有量が異なり、ヒレやモモ、鳥類はささみやムネを選ぶとヘルシー。

ただし、すべての油には1gあたり9kcalのエネルギーがありますので、どんな油も摂り過ぎは肥満や生活習慣病の原因となる!
バランス良く摂取しましょう。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。某企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  2. rousai

    業務委託契約でも労災は適用される?

  3. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  4. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  5. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

  1. 170328
  2. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  3. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  4. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  5. kusuri
  6. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  7. mashin
ページ上部へ戻る