エアコンを健康的に活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
170525%e4%b8%8a%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

暑い日が続いていますが、どうお過ごしですか?
梅雨の季節に差し掛かろうとしている今の時期に、改めてエアコンの機能を認識しておくと、今年の厳しい夏を有意義に過ごせるかもしれません。

冷房・除湿とは

暑い時、エアコンをつけて部屋を涼しくしますが、そもそも冷房と除湿は、どのような機能なのでしょうか?
まず、冷房は、部屋の空気の「温度」を下げることを一番に考えた機能です。
暑い部屋から熱を追い出し、部屋を涼しくしています。
次に、除湿は、部屋の空気の「湿度」を下げることを一番に考えた機能です。
ジメジメした部屋から水分を追い出し、空気をサラサラにします。

冷房と除湿を使い分ける

真夏などの温度が高くなる時期は冷房を、梅雨などのジメジメしている時期は除湿を使うと良いでしょう。
特に、梅雨の時期は、肌寒くなったり、体が冷えないように、「再熱除湿」にする方が健康的におすすめです。
「再熱除湿」とは、湿度の高いジメジメした空気を、湿度が低くサラサラで冷たすぎない空気に換える、エアコンの機能のことです。
人間が快適に過ごすためには、空気の温度だけではなく、湿度も大切だということです。
また、電気代を抑えたい場合は、高めの温度に設定した冷房がおすすめです。
再熱除湿は、少し電気を使いますが、部屋の温度を下げないので、梅雨や夜でも体が冷えすぎず、快適に過ごすことができます。

エアコンを有効活用する

近年、エアコン以外の様々な冷房手段が提案されています。

しかし、温度と湿度をきちんと下げることができる経済的な機器は、エアコンをおいて他にはありません。
日本の気候の厳しさを直視して、エアコンを有効に活用しましょう。
温度・湿度の調整は、快適に過ごすためだけに使うものではありません。

夏に救急車で搬送された熱中症患者は1万人以上に及んでいます。
気温の上昇とともに、人数は増加し、在宅内でも発生しています。
特に高齢者は、体の温熱感が鈍く、発汗能力が低下している場合もあるので、危険です。

部屋の温度に気付かないまま倒れるケースが相次いでいます。
エアコンが嫌いだから使用しないなどの考えは、健康や命のリスクを犯します。
日本の夏の手強さを改めて認識し、必要と感じた時には、エアコンをつけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
上田 倫子

上田 倫子株式会社ドクタートラスト

投稿者プロフィール

営業2年目です!これからも頑張ります!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら? 放っておくと罰金??

  2. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  3. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  4. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  5. o0800080012607003344

    産業医選任の届出には何が必要?

一目置かれる健康知識

  1. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  2. jiritu
  3. 1215-suiminbusoku1221
  4. kusuri
  5. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
  6. kahun
  7. tabajo-675x400
ページ上部へ戻る