働き方改革で副業も容認へ

00_pp36_pp_tp_v

日本の就労体系では副業を禁止している企業が多数あり、副業をしてはならないといった風潮がありましたが、今後変わる可能性が出てきました。

現在、ニュースなどでも頻繁に取り上げられている「働き方改革」の一環として、国は

企業で働く社員の兼業・副業を普及拡大するためのガイドラインを初めて作成する方針を決めました。

これが実現すれば、各労働者が働き方について、自身のライフバランスに合わせた選択が可能となります。

では、なぜ副業を容認していく方向になったのでしょか。

「働き方改革」における副業の狙い

現状では、多くの企業が副業を容認していないなか、政府が懸念している少子高齢化に伴う労働力不足を補うためには

企業に従業員の柔軟で多様な働き方を促して労働者一人一人の生産性を上げることが必要とし、安部首相も「普及は極めて重要だ」との認識を示しています。

これまで副業を原則禁止してきた理由は

・本業がおろそかになる

・同業他社に企業秘密が漏洩する恐れがある

・優秀な人材が辞めてしまうかもしれない

といったことでした。

今後どのような流れで副業容認へとシフトしていくのでしょうか。

副業容認へのステップ

「働き方改革」による副業解禁へのステップは、下記ようになる模様です。

①厚生労働省が「モデル就業規則」に「副業・兼業容認」規定を盛り込む

※「モデル就業規則」には強制力はなし

②社会保険料負担のあり方などを示した政府指針(ガイドライン)をつくる

※人材育成のあり方を改革し、成長戦略に明記

このように働き方自体が、終身雇用から個人個人がキャリアを積み、多様な働き方をしていく方向になりそうです。

ただし、この副業を容認する「モデル就業規則」には強制力がないので、どれくらい企業に副業容認が普及していくかは今後議論を深め対応策を策定していく必要があります。

副業も踏まえ、「働き方改革」の議論によって日本の働き方が大きく変わる可能性もあり、今後の議論にも注目していきましょう。

藤吉 圭介

藤吉 圭介株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

社員の皆様が健康で元気に働けるよう毎日全力で頑張っていきます。
色んな事を吸収しながら元気に頑張っていきますので、よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. o0750105012406792094-731x1024

    業務委託契約の安全配慮義務

  2. kakudai

    平成29年4月より、労使合意に基づく社会保険の適用が拡大します!

  3. be07ec325ef946d1ff73926c8d591255_m

    産業医を変更したときの届出

  4. o0608078912336121496

    育児休暇中の従業員の健康診断

  5. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

一目置かれる健康知識

  1. kusuri
  2. jiritu
  3. tabajo-675x400
  4. 1215-suiminbusoku1221
  5. 170328
  6. kahun
  7. 0119-kahunsyou
ページ上部へ戻る