子宮頸がん・乳がん検診を受けてみませんか?

170315%e7%90%b4%e7%be%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc

日本は、国民皆保険制度を通じて世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を実現しています。医療サービスが充実している日本ですが、がん検診受診率は先進国の中でも低い現状にあります。

 

日本のがん検診受診率は、3~4割台

厚生労働省の平成25年の国民生活基礎調査によると、日本のがん検診受診率は、

◆男性の場合 → 胃がん、肺がん、大腸がん検診の受診率は4割程度

◆女性の場合 → 乳がん、子宮頸がん検診を含めた5つのがん検診受診率は3~4割台

となっています。

 

特に、子宮頸がん・乳がん検診受診率が低いです

がん検診の国際比較を見ても、日本の乳がん検診、子宮頸がん検診は、OECD(経済協力開発機構)加盟国30カ国の中で最低レベルに位置しています。

欧米の検診受診率が80%以上であるのに対し、日本は35%程度と受診率が低いのが現状です。

日本では、国が定期的な検診受診を推奨しており、医療機関も充実していますが、受診率が低いのです・・・

 

検診を受けて、病気の早期発見をしましょう

検診を受ける目的は、「病気の早期発見」です。

病気を早期発見することにより、治療を早く始めることができます。

早い段階から治療をすることで、良好な経過が期待できるのです。

 

検診が大事なのは知っているけれど・・・

検診が大事だとは思っているけれど、検診って実際はどんなことをするの?と疑問を持つ方にご紹介したい情報があります。

東京都福祉保健局 「それゆけ!検診女子」

女優の平愛梨さんや、モデルの舟山久美子さん等が、検診を体験したレポートを紹介しています。また、「子宮頸がん検診って何?」という疑問を解決してくれる内容が紹介されています。

 

東京都福祉保健局 「健康ステーション」

乳がん検診体験記が紹介されています。

 

検診を受ける機会

◆居住地の自治体からの健診案内を利用する

がん検診無料クーポンや検診手帳の配布等により、受診勧奨しています。

◆勤務先の定期健康診断のオプションを利用する

オプションでは、乳がん検診等専門検査を追加することができます。

 

検診への関心を持つことが大切です。あなたの身体を守るために、検診を受けてみてはいかがでしょうか。

高橋琴音

高橋琴音産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

皆様にとって、健康への意識を高められる情報を発信できるよう努めてまいります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  4. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  5. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

一目置かれる健康知識

  1. 171121
  2. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  3. tabajo-675x400
  4. manindensya
  5. AdobeStock_50156371
  6. ドライアイ
  7. 疲れ目のサイン
ページ上部へ戻る