すぐにできる!オフィスでの乾燥対策

purunn

冬の時期は、ただでさえ乾燥しがちなオフィスがますます乾燥し、肌や喉の不調を感じている方も多いのではないでしょうか?
オフィスは、自宅とは違い保湿の時間を割くことも難しいと思いますので、
今回はオフィスで「今すぐ簡単に」実践できる対策方法を中心にご紹介します。

水分を摂取する

私たちの身体からは、常に水分が蒸発しています。
これを医学用語で「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」といいますが、健康な成人の場合、皮膚からの蒸発と呼吸だけで1日に1リットル近い水分が失われています。

水分の蒸発量は体重や平熱等により変動しますが、当然、空気が乾燥している状況だと蒸発量も多くなります。
そこで、単純な方法ですが、オフィスで「意識的に水を飲む」ことをお勧めします。

水分を摂取することで身体から失われる水分を補充することができますので、喉の渇きを感じていないときにも、定期的に水分を摂るようにしましょう。

マスクを着用する

冬の時期は春夏に比べ湿度が低い状態ですが、暖房を使用することで空気はますます乾燥します。
そこで簡単にできる対策が「マスクの着用」です。
風邪や花粉症の予防のためにマスクを着用されている方も多いと思いますが、マスク着用することにより呼吸の湿気で肌が保湿され、乾燥対策にも効果的なのです。
着用の際には鼻までしっかりと覆い、保湿効果を高めましょう。

デスクに卓上加湿器を設置する

社内用の加湿器を導入することが難しい場合には、個人用の卓上加湿器の設置をお勧めします。
オフィス向けにUSBケーブルで使用できるものも多く販売されており、価格も2,000円程度からとお手頃なため、気軽に導入ができますよね。
デスクはオフィスの中で最も長い時間を過ごす場所だと思いますので、乾燥が気になる方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

以上、今すぐ簡単にできる乾燥対策をご紹介しました。
春まで乾燥が続きますので、ぜひ乾燥対策を進め、健康に冬を乗り切りましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. sofa

    休養室にも設置義務があります!

  2. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  3. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

  4. 8cb159d53012efd6772c67826ecb7d56_m

    労働基準監督署からの指導を無視したらどうなるのか?

  5. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

一目置かれる健康知識

  1. 87c30181d5d399c9275972574c37e27b_m
  2. mashin
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. 0119-kahunsyou
  5. 180427_hashika
  6. 1027-%e9%87%91%e5%9f%8e%e3%81%95%e3%82%93%e4%be%9d%e9%a0%bc
  7. ec611558e191bffdafad75c4892bf617_s
ページ上部へ戻る