今どきワークライフバランスな社内制度いろいろ

%e7%a4%be%e5%86%85%e5%88%b6%e5%ba%a6

企業によって福利厚生の内容はさまざま。

しかし、世の中には一般的なものとは一線を画す、実にユニークな福利厚生制度が存在します。

ペット同伴OK! 大型犬の場合、タクシー通勤も?!

ペットフードを取り扱うとある企業では、『ペットのためのより良い世界』という理念のもと、ペットを飼っている従業員向けにペット同伴制度があります。

しかし、いざ同伴するとはいっても、小型犬や猫ならまだしも大型犬ではそうもいかない…そのような場合には、上限はあるものの通勤時にタクシーを利用することが可能なのです!

また、ドッグルーム・キャットルームなどの環境設備はもちろん、獣医師が在籍していたりペットの慶弔制度も整備されているなど、まさに働くペットオーナーにとっては夢の好待遇となっています。

サイコロ給!~毎月のお給料に+αのチャンス!

このサイコロ給という聞きなれない制度、とある企業で毎月給料日前に実施されているのですが、なんと、毎月社員自身がサイコロを振り、自らの給与の金額を決めているのです。

気になるその実態は、「基本給×(サイコロの出目)%」が、+αの手当として支給されるという、なんともユニークでうらやましい制度!

これは、『人間が人間を評価するなんて、そもそもいい加減なもの。もっともらしく説明しても、上司の感情ひとつで、どうにでも変わってしまうもの。それなら、給与の仕組みにもそのくらいの遊びがあっていいのでは?』という考えに基づいて開始された制度のようです。

11ヶ月働き、1ヶ月がっつり休暇!

とあるウェブデザイン会社では、30日間連続休暇が取得可能という制度があります。

しかも驚くべきは、休暇中は希望すればその期間に他の企業で働くこともでき、さらにその期間も通常通り給与が支払われるというのです。

この制度は『より良いデザインは、より充実した人生から』という理念から生まれたそう。

社会人になってからも1ヶ月まるまる休暇があるなんて、まさに学生に戻ったような気分になってしまいそうですね。

上記のような社内制度を実施している企業に共通するのは、従業員がより働きやすくするために労働環境の整備を行い、また、ライフワークバランスの充実も意識しているという点ではないでしょうか。

今後、より多くの企業でこのような社内制度が整備されていけば、働く人たちの充実感の向上が仕事の効率化に繋がり、さらには企業側の発展にも繋がっていくのではないでしょうか。

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  4. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  5. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

一目置かれる健康知識

  1. 落ち込むビジネスマン
  2. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  3. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  4. jiritu
  5. nyuugann
  6. tabajo-675x400
  7. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
ページ上部へ戻る