海外旅行、感染症対策は万全に!

banzen

年末年始、海外へ旅行する方も多いのではないでしょうか。

旅行の前の感染対策はいかがでしょうか。

関西空港で麻疹の集団感染が起きたという事例は記憶に新しいと思います。

楽しく旅行し、安全に帰国するために、海外で注意すべき感染症やその対策について、ご説明いたします。

海外で注意が必要な感染症

海外で注意しなければいけない感染症(厚生労働省)

ご覧いただいてわかる通り、 世界各地に注意しなければいけない感染症があります。

行く先が安全だから大丈夫、と過信せずに確認と対策をすることが大切です。

渡航前にすること

・渡航先の感染症の発生状況や注意事項の確認を行う
⇒検疫所や外務省の海外安全ホームページで確認ができます。

・これまでの予防接種歴を確認する
⇒国内の感染症を持ち出さない、海外の感染症を国内に持ち込まないために、国内で予防接種が推奨されているものについては予防接種を検討しましょう。

・予防接種が受けられる感染症については、事前に医師にワクチン接種の相談をする
【参考:海外渡航のためのワクチン(厚生労働省検疫所FORTH)】

・海外旅行登録システム「たびレジ」(外務省)を利用する
⇒登録することで、渡航先の最新の安全情報がメールで届き、緊急時には在外公館から連絡を受け取れます。
【参考:たびレジ(外務省)】

渡航中予防のための注意点

○食べ物○
・手洗いをこまめに行う
・生水を飲まない
・氷を避ける
・サラダ、生野菜を避ける

○虫よけ○
マラリア、デング熱、ダニ熱などは虫に刺されたり咬まれたりすることでうつります。
・肌の露出を減らす
・網戸がある宿泊施設、エアコンが備わっている宿泊施設を選ぶ
・虫よけ剤を使用する
・動物に触らないようにする
・ダニのいる草原、森林地帯を避ける

渡航中に体調が悪くなったら

・空港や港の検疫所で相談する
⇒発熱や下痢、咳などの症状がある場合、動物に咬まれた、虫に刺されたなど健康上心配な点がある場合は相談しましょう。
・帰国後しばらくして具合が悪くなった場合も、早急に医療機関を受診しましょう
⇒感染症には潜伏期間があります。感染症により期間はさまざまで、数日というものから、1週間以上のものもあります。
帰国後に具合が悪くなり受診する際は、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況、動物との接種の有無、ワクチン接種歴についても伝えるようにしましょう。

楽しい年末年始を過ごし、年明け元気に働くために、参考にしてみてください。

木村彩

木村彩

投稿者プロフィール

皆様のお役にたてる情報を発信していけたらと思っております。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  3. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  4. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  5. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. jiritu
  3. 疲れ目のサイン
  4. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  5. nyuugann
  6. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る