勤務間インターバル制度導入企業に助成金支給

pak77_telsuruoff20140823093027_tp_v

厚生労働省は来年度より、勤務間インターバル制度を導入する中小企業を対象にした助成金制度をスタートさせることが決定しました。

併せて、先進企業の事例などの情報を周知する導入促進に向けた広報事業も展開する予定であり、

同制度導入に当たっての就業規則などの作成・変更費用、労務管理用機器などの導入・更新費用などで、50万円を上限にその費用の4分の3を助成することとなりました。

 

今年に入り過重労働や過労死が注目され、その防止策として厚生労働省は

中小企業事業主が支給対象である職場意識改善助成金に、新たに勤務間インターバル制度を盛り込むことにしました。

さて、勤務間インターバル制度を導入することでどのような効果が発揮されるのでしょうか?

 

勤務間インターバル制度とは

そもそも勤務間インターバル制度とは、

時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。

これまで恒常的な長時間勤務を是正するには、時間外割増率の引き上げが議論の中心でしたが、

当日の勤務と次の日の勤務の間に決まった休息時間の確保が義務づけられることから、導入すれば過重労働の防止につながり、

従業員の心身の負担を軽減することができると期待され、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として近年日本で注目されてきています。

また、勤務間インターバル制度は、すでにEUで取り組みが行われており、今後EUの実績を確認していくようです。

 

EUでの取り組み

EU加盟国では、1993年に制定されたEU労働時間指令によって、「24時間につき最低連続11時間の休息時間」を義務化する勤務間インターバル規制を定めています。

例えば、残業で午後11時まで働いたとすると、翌日の勤務は11時間のインターバルをはさんで、午前10時まで免除されることになります。

この場合、勤務する会社の就業規則が始業の定時を午前9時と定めていても、定時までに出社する必要はなく、

勤務に就かなかった9時から10時までの1時間分の賃金もカットされることはありません。

 

「一億総活躍プラン」の中で

日本では、今年「ニッポン一億総活躍プラン」を発表し

「長時間労働の是正」は早急に取り組むべき課題として示しています。

その中で、今回の助成金をきっかけにどれくらいの中小企業が取り組みを始めるものか、大いに注目されます。

藤吉 圭介

藤吉 圭介株式会社ドクタートラスト 産業保健部

投稿者プロフィール

社員の皆様が健康で元気に働けるよう毎日全力で頑張っていきます。
色んな事を吸収しながら元気に頑張っていきますので、よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  2. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  3. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  4. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  5. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

一目置かれる健康知識

  1. manindensya
  2. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  3. 杉井記事
  4. nyuugann
  5. ドライアイ
  6. jiritu
  7. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
ページ上部へ戻る