せっかく打つなら!ーー予防接種の効果を最大限にする方法

yobousessyu

朝晩冷え込む季節となり、同時にインフルエンザの流行シーズンがやってきました。
昨年度は、年をまたいで1月頃からの流行となったため、予防接種が間に合った方も多かったのですが、今年度はすでに流行の兆しが見られ、早めの予防接種を受けた方が良いと言われています。

貴重な時間を割いて受ける予防接種ですが、同じワクチンであっても、効果を高める受け方があるのをご存知でしょうか?

予防接種の効果は6割程度

「予防接種を受けたのにインフルエンザに罹った!」という話を毎年耳にされるかもしれません。
実は、インフルエンザの予防接種の効果は、100%ではありません。
大人の場合、インフルエンザの発症を防ぐ効果は、健康な成人で60%程度と言われています。
更に、疲労・ストレス・乱れた生活などで免疫力が低下している場合は、体内で十分な抗体が作られず、更に効果が下がることが予想されます。

予防接種は午前中に!

先日、阪大研究チームより、「ワクチンの効き目は接種する時間帯によって変わることをマウスの実験で明らかにした」との報告がありました。
交感神経が活発に働く時間帯は、免疫細胞も活性化されるため、予防接種の効果が出やすいとのことです。
人間の場合は、交感神経は、起床後~午前中に活発に働きます。
予防接種を受けるのであれば、会社帰りではなく、出社前の方が良いということになります。

免疫力を高める食材を!

予防接種の効果を高めるためには、体が持つ免疫力を高めることが大切です。
免疫力を高める代表的な食材は、乳酸菌やキノコ類、ビタミンC(柑橘類が代表的)です。
これらの食材は、継続的に摂ることで免疫力を高めてくれます。

即効性なら「笑い」「睡眠」「入浴」

食事から免疫力を高めることはとても大切ですが、最低1ヶ月間は継続して摂取することが必要ですので、今年のインフルエンザシーズンには間に合わない可能性もありますね。
そういった場合は、即効性のある免疫力アップ法を試してみましょう!

免疫に関する細胞は、体温が高いほど活性化されます。

帰宅後の入浴や、腹巻・レッグウォーマーの利用、温かい飲み物の摂取は体を温めるのに効果的です。
また、笑うことや、睡眠をたっぷり取ることは、免疫を活性化させます。

帰宅後は、リラックスしながら好きなお笑い番組などを見るのも、実は免疫アップには大切な要素です。

忙しい方ほど、健康管理に努めたいものです。
以上をまとめると、ワクチン接種を受けるなら、「体調が良い日の午前中に!」がポイントです。

中村 眞弓

中村 眞弓株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

企業での健康相談や産業保健の経験を生かし、「じっくり聴く・しっかり考える」保健師を目指しています。
社員の皆様・人事の皆様と一緒になって企業の健康を支えていけるよう頑張ります。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. syamei

    違法長時間労働で社名が公表される企業、されない企業

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  2. 落ち込むビジネスマン
  3. AdobeStock_50156371
  4. stylish bedroom interior design with black patterned pillows on bed and decorative table lamp.
  5. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  6. tabajo-675x400
  7. nyuugann
ページ上部へ戻る