会社の便器の数、実は法律で決まってます!

benki

みなさんの会社にも、トイレは設置されていると思います。そのトイレの数が法令で定められていることはご存知でしょうか?

トイレの数、足りてますか?

トイレの設置数は、労働安全衛生規則の第628条に明記されています。

(便所)
第六百二十八条 事業者は、次に定めることろにより便所を設けなければならない。ただし、坑内等特殊な作業場でこれによることができないやむを得ない事由がある場合で、適当な数の便所又は便器を備えたときは、この限りでない。
一 男性用と女性用に区別すること。
二 男性用大便所の便房の数は、同時に就業する男性労働者六十人以内ごとに一個以上とすること。
三 男性用小便所の箇所数は、同時に就業する男性労働者三十人以内ごとに一個以上とすること。
四 女性用便所の便房の数は、同時に就業する女性労働者二十人以内ごとに一個以上とすること。
五 便池は、汚物が土中に浸透しない構造とすること。
六 流出する清浄な水を十分に供給する手洗い設備を設けること。
2 事業者は、前項の便所及び便器を清潔に保ち、汚物を適当に処理しなければならない。

とあります。
男女別にトイレを設置しなければならないことや、従業員数に対する設置数が細かく定められているなど、私は全く知りませんでした。
一人でも女性を雇用していれば、女性用トイレを設置する必要が出てくるのですね!

例えば、280人の企業(男性180人、女性100人)があると仮定すると、
法令上、最低限のトイレ設置数は、

(男性用)
大便所:3個以上、小便器:6個以上

(女性用)
5個以上

上記が最低ラインとなりますので、工場増築や移転される際は、ご注意ください。
(万が一、現時点で足りていない場合は、速やかに設置するようにしてください)

その他、労働安全衛生規則では、掃除に関する条項(第619条・清掃等の実施)や、衣類の乾燥機についての条項(第626条・被服の乾燥設備)などの条項もございます。
「こんなものまで!?」と思うようなことも、条文に記載されていますので、ぜひご一読ください。

労働安全衛生規則 第7章 清潔(リンク先:中央労働災害防止協会)

藤原 実

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

難しいことはより簡単に。ややこしいことはより分かり易く。
産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けしたいと思います!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

  3. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

  4. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  5. 地球儀

    世界の労働時間ランキング、日本は何位?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. tabajo-675x400
  3. jiritu
  4. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
  5. manindensya
  6. 疲れ目のサイン
  7. 落ち込むビジネスマン
ページ上部へ戻る