過労死ワースト1の業種とは?

^0CFF7E3FFA9A458EC0EF10A2E42F7CFF1FEE93A308A046F4AF^pimgpsh_fullsize_distr

「過労死」という言葉は、日本では当たり前のように目にする言葉ですが、
実は日本国内にとどまらず、英語やフランス語でも「karoshi」や「karōshi」と
呼ばれるようになっており、海外でも認知が進んでいます。

「過労死」とは
長時間の残業や休日なしの勤務を強いられた結果、精神的・肉体的負担により、
労働者が脳・心臓疾患などで突然死することや、過労が原因で自殺することなどを指します。

高齢化が進み、労働時間が長い、あの業種

過労死ワースト1は、【運送業】(職種としては自動車運転従事者)のようです。
平成27年度「過労死等の労災補償状況」でも、脳・心臓疾患に関する事案で
請求件数161件、決定件数96件は全産業中ワースト1との報告があがっています。

厚生労働省の職業病認定対策室は、運送業が過労死の多い業種となった要因として
二つの主な理由を挙げています。

①高齢化が進んでいる
②労働時間が長い

平成25年度に改正高齢者雇用安定法が施行され、希望すれば
60歳を超えて働くことができるようになりました。
高齢者雇用を促進する反面、高齢労働者の増加は、脳・心臓疾患の
高リスク労働者が増えていくことにもなります。

企業の健康管理が重要

そのため、自己の健康管理とともに、職場での安全配慮も重要視されますが、
長時間残業が発生していると、もともと高リスクのある労働者に
更に負荷をかけることになるため、過労死の発生につながっているのです。

労働者の心身の健康状態は、年齢によっても抱えるリスクが変わってきます。
健康診断の結果を確認し、必要な場合は産業医などと連携を取りながら、
健康を害しない働き方を考えていく必要があります。

(参考資料)
厚生労働省

平成27年度「過労死等の労災補償状況」を公表

脳・心臓疾患の労災認定

冨田 さゆり

冨田 さゆり株式会社ドクタートラスト 産業カウンセラー

投稿者プロフィール

親しみを持っていただけるご対応を心掛けています!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. kyohi

    もし健康診断を拒否する従業員がいたら?

  2. 出向社員

    「出向社員」に対する安全衛生管理

  3. 杉井記事

    ストレスチェック関連の契約書に印紙は必要か?

  4. b232a423bf2b83d59644746975f31298_m

    労働安全衛生の「法」「施行令」「規則」の違い

  5. youko

    健診結果は該当!法改定にともなう「要配慮個人情報」の取り扱いポイントとは

一目置かれる健康知識

  1. kahun
  2. 170328
  3. 180405_shishitsuijyousyou.jpg
  4. 採血中に具合が悪くなるのは、なぜ?
  5. jiritu
  6. mashin
  7. 1215-suiminbusoku1221
ページ上部へ戻る