放っておけば下がる一方!「基礎代謝」をキープする方法

kareitaisya

昔と同じ量を食べているのに太ってきた、、、なんて心当たりのある方いませんか? 今日は代謝のお話です。

人間は、安静にしている状態でも、エネルギーを消費しています。心臓の拍動、体温の維持、呼吸、内臓の活動など生命維持に必要な活動を絶えず行っているためです。

この、生命維持に必要な最小のエネルギー代謝量を基礎代謝といいます。

基礎代謝には大きな個人差があります。

自分の基礎代謝量を知る

自分の基礎代謝量を知るには、ハリス・ベネディクトの計算式と言う物があります。

ハリス・ベネディクト方程式(日本人版)
男性:66+13.7×体重kg+5.0×身長cm-6.8×年齢
女性:665.1+9.6×体重kg+1.7×身長cm-7.0×年齢

電卓で計算してみましょう!

この基礎代謝ですが、年齢、性別、体格、体温等により差が出てくると言われています。
その中でも年齢はかなり大きな影響を及ぼします。
人間は、出生後、成長に伴い基礎代謝が高くなり、16~18歳頃にピークを迎えます。その後、加齢に伴い徐々に低下し、40歳を過ぎたころから急激に低下すると言われています。

加齢を止めることはできませんが、基礎代謝の低下は食い止めたいですよね。

基礎代謝を上げるには、身体の筋肉量を増加させ、消費エネルギー量を増やし、食べても太りにくい体質になる必要があります。

筋肉量を増やす、、、というとジムやマシンの筋トレが思い浮かぶでしょうか?
既に通っている方はもちろん活用していただいて良いと思いますが、ちょっと敷居が高いと言う方は自宅で出来る筋トレから始めてみましょう。

ポイントは、大きな筋肉を鍛える

腹筋、背筋、大腿筋など面積の大きな筋肉を積極的に鍛えると、基礎代謝が上がりやすくなります。
初めて取り組む方は、腹筋や背筋は程度の軽いものから、大腿筋はゆっくりとしたスクワットなどから始めましょう。
また、勢いをつけて回数だけをこなすような筋トレはあまり効果的ではありません。
ひとつひとつの動きを呼吸を止めずに時間をかけて行う方が筋肉への負荷は大きくなります。
急激に筋肉を動かすと、筋などを傷める原因にもなりますので、動きを確認するようにゆっくりと筋トレをするとより効果的でしょう。
慣れてきたり、物足りない方は、重さを調整したペットボトルで負荷を掛けるのも良いですね。

中山 真樹

中山 真樹株式会社ドクタートラスト 産業保健部 保健師

投稿者プロフィール

看護師勤務を経て、現在は企業様を対象に保健師業務を行っております。某企業の健康管理室に出向していた経験を、健康管理業務に活かしたいと思います。

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 過重

    健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

  2. 610

    デスクワークに殺されないために私たちがすべきこと

  3. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  4. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. sasimi

    オフィスの防災対策、合言葉は「あえてさしみ」!

一目置かれる健康知識

  1. ドライアイ
  2. 171121
  3. 落ち込むビジネスマン
  4. 疲れ目のサイン
  5. jiritu
  6. manindensya
  7. ^8DCC026F7626FAF8066AAF708AC72A779CE8E682D19ADB58CB^pimgpsh_fullsize_distr
ページ上部へ戻る