健康診断の受診義務が過重労働対策になる!

過重

深夜業に従事する者は年2回の健康診断が必須

特定業務従事者の健康診断については、労働安全衛生規則第45条に規定されています。
特定業務従事者に対しては、当該業務への配置換えの際及び6ヶ月以内ごとに1回、定期的に、定期健康診断と同じ項目の健康診断を行わなければなりません。
(ただし、胸部X線検査については、1年以内に1回定期的に行えば足りることとされています。)

特定業務の中には、「深夜業を含む業務」が含まれています。
深夜業の回数が6ヶ月を平均して1ヶ月あたり4回以上の場合には、6ヶ月以内ごとに1回の健康診断を行わなければならないとされています。

深夜業とは?

深夜業とは、労働基準法において、

午後10時から午前5時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後11時から午前6時まで)の間における労働者による労働のことをいう

と定義付けされています。
要は、22時~翌朝5時までの間に労働することを指しています。

しばしば、この深夜業がどこまで該当するのかを企業から質問されることがあります。

①交代制シフトを採用していて、月に4日以上夜勤がある。
②所定労働時間9時~18時の社員が22時を超えて残業した回数が1ヶ月あたり4回以上が続いている。

上記①の場合は、常時深夜業に従事する労働者として、6ヶ月ごとに健康診断を行うことになります。
では、②の場合はどうでしょうか。
もう少し極端な例を出すと、22時10分までの残業が月に4回以上あった場合はどうか?ということです。

ポイントとしては、22時以降に残業をしなければならないことが「常態化」しているかどうかが判断基準となります。
決算期などで、単発的に残業が多くなってしまった場合などは、常態化しているとは言えない部分が多いため、年2回の健康診断を受けさせる必要はないと言えるでしょう。
ただし、22時以降の残業が1ヶ月あたり4回以上が6ヶ月~1年以上続いている場合については常態化されていると判断される可能性が非常に高く、特定業務従事者として年に2回の健康診断を受けさせるようにしましょう。

※なお、年2回の健康診断を受ける必要があるかどうかの判断は、所管の労働基準監督署などにお問合せ下さい。

過重労働対策としての活用

とある産業医によれば、22時以降の残業を月4回以上している従業員には、必ず年2回の健康診断を受けさせている企業があるようです。
その企業では、慢性的に残業時間が長く、ノー残業デーなどを設けても効果が薄かったとのこと。そこで衛生委員会で協議し、22時以降の残業を月4回以上した従業員には必ず健康診断を受けてもらうというルールを設定したところ、そのルールを導入した当初は、健康診断対象者が出ていたが、数カ月後には対象者がゼロになったということです。

効果が出た理由として、経費削減が叫ばれている中、労働者自身が健康診断対象者になることによって余計な経費負担を会社にかけさせてしまうので、特に時間を気にするようになったという声が多かったとのこと。

過重労働者が多い企業では、面談対応に追われてしまい、根本的な解決策が見当たらない、という声を聞くことがあります。
一つの対策として、検討してみてはいかがでしょうか。

藤原 実

藤原 実株式会社ドクタートラスト 大阪支店

投稿者プロフィール

難しいことはより簡単に。ややこしいことはより分かり易く。
産業保健についてより身近に感じていただけるよう、肩の力を抜いて情報をお届けしたいと思います!

この著者の最新の記事

関連記事

衛生管理者の必携知識

  1. 6jikan

    北欧で流行りの「1日6時間労働」! 日本で実現する?

  2. 残業

    ノー残業で帰宅するために、企業と個人ができること

  3. PPW_pagewomekurunote_TP_V

    選んでますか? 衛生推進者

  4. rousai

    労災が発生!衛生管理者は処罰を受けるか?

  5. 溝口2

    社会保険加入条件緩和で、産業医選任義務の事業場は拡大するか?

一目置かれる健康知識

  1. AdobeStock_50156371
  2. 疲れ目のサイン
  3. jiritu
  4. tabajo-675x400
  5. nyuugann
  6. ドライアイ
  7. 2e1eb002c5d8c2443399a93024491ad8_m
ページ上部へ戻る